2018年の甲子園で注目を集める選手の中でも、ヒトキワ注目を集める選手が大阪桐蔭高校の山田健太です。

180センチを超える長身でスリムな体型。そのうえ甘いマスクを持つイケメン。

高校野球ファンだけでなく、野球に興味がない方からも注目を集めています。

大阪桐蔭高校の山田健太選手とは一体どんな選手なのでしょうか?早速ご紹介します。

山田健太のプロフィール

  • 名前:山田健太
  • 生年月日:2000年7月19日
  • 出身地:愛知県稲沢市
  • 身長:183センチ
  • 体重:85キロ
  • 経歴:稲沢市立千代田小学校稲沢市立千代田中学校大阪桐蔭高校
  • 投打:右投げ右打ち
  • ポジション:サード、セカンド
  • 憧れの選手:中田翔

山田選手は小学校2年生から野球を始めました。小学校時代には千葉ロッテマリーンズジュニアにも選ばれています。小学生の頃から世間の注目の的でした。

中学校になると東海ボーイズに入部します。

その後、徐々に野球の才能が開花し、中学2年生にはボーイズ春季大会で優勝、3年生のときには、ボーイズ春季大会でベスト4になりました。

山田選手は世界少年野球大会の日本代表として選手に選ばれ、見事優勝を果たしています。

その後、愛知県稲沢市から大阪の大阪桐蔭高校の野球部に入学します。

つま

野球の成績

山田健太選手の魅力は一言で言うと長打力!

どうかイナホうーむ乱

2016年の秋の大会では打率は.241ホームラン0本とふるいませんでしたが、一冬を超えて大きな進化を迎えました。

2017年の春の選抜高校野球の初戦では、豪快なホームランをスタンドに運びました。

 

中学卒業後、野球の名門校の大阪桐蔭に入学し、1年製の秋季大会から2年生を差し置いて4番バッターとしてチームの主砲を任されました。日本代表として選ばれていたのは伊達ではありません。

しかし、大阪桐蔭の4番というプレッシャーのせいか大会では目立つ成績を残せませんでした。その後の近畿大会の試合でも無安打そして、準々決勝、準決勝では出場機会すらありませんでした。

その悔しい思いをバネに1年生の冬に猛練習とハードなトレーニングを行っています。そして、春の選抜甲子園で山田健太選手は覚醒し世間を賑わすことになります。

春の選抜高校野球では大会を通じて打率.571、打点8と勝負強さもアピール。宇部鴻城との試合ではインコースを豪快にホームランを打つわけです。

こちらの動画が山田健太選手のバッティングです。豪快なスイングが目立ちます。

山田健太選手は自分自身で好成績を残せたのは、肉体的な変化に加えて精神力の向上も理由に上げています。

2年生の秋からはセカンドへ

山田健太選手の守備位置はサードでしたが、2年生甲子園が終わるとサードからセカンドへ転向しました。

セカンドはファーストへ投げたりセカンドへ投げたりするので、比較的小柄の選手が担当するポジションです。山田健太選手は183センチと大柄なので、セカンドへの転向は異例と言えます。

転向した理由は、「183センチという体型にもかかわらず、グローブさばきが軽快で身軽」という理由です。山田健太選手は長打力だけでなく守備力も高く評価されています。

特徴

山田健太選手の特徴はなんと言ってもルックスです。甘いマスクと爽やかな笑顔で、野球ファン意外からも大きな注目を集めています。

ツイッターでも多くの人がイケメン山田健太選手をつぶやいています。

プライベートは?彼女は?

山田健太選手はイケメンとして話題になっているのでそのプライベートが気になりますね。

ネット上で彼女の存在を調べましたが、彼女のウワサなどはありませんでした。

そもそも大阪桐蔭高校の野球部は全寮制です。練習も厳しく、規則も厳しいので、彼女がいる可能性は低いです。

 

ネット上を調べていると、山田健太選手はピアスを開けているのでは?というウワサがありました。

山田健太選手の写真を拡大してみると、そのような形跡はなくホクロがそのように見えているだけでした。

まとめ

2018年の夏の高校野球で間違いなく注目を集める選手の一人である山田健太選手についてご紹介しました。

山田健太選手は長打力がある大型選手として注目を集めています。

それだけでなく、イケメンとして世間では認知されています。

大阪桐蔭は野球の名門校なので、甲子園でも上位成績を残すと期待できます。

今年の甲子園は山本健太選手に注目しましょう。