シンプルライフを日常生活の基本としていると、捨てるものがドンドンと減ってきます。

毎週のゴミの日に捨てるものがなくなってくると、
なんだか物足りない気持ちになってきます。

 

何か捨てるものがないかな?

ついついそんな気持ちで家中のモノをガサゴソとあさってしまいます。

 

それは、あなたが「シンプルライフ」という生活が習慣になって身についた証拠

 

ミニマリストの様に究極にモノを持たない生活よりも
「シンプルライフ」の方が家族を持つ身としては心地よい。

 

そんな「シンプルライフ」を身に着けたあなたが目指す生活スタイルは
「シンプルリッチライフ」ではないでしょうか?

シンプルリッチライフとは?

シンプルリッチライフとは、「上質なものを少しだけ持つ」という考え方です。

モノを持たないというシンプルライフの考えを基本として、それを発展させた考え方がシンプルリッチライフです。

 

シンプルライフを追求していると、持ち物がドンドンとなくなっていきますが、
生活する上で手放せないものもありますよね。

例えば、

料理に使うフライパンや食器や調理道具
服や下着やタオル

これらのものをワンランク上質なものに取り替えるということです。

シンプルライフをしている人はでお金を節約する目的で始めるというよりも
「モノを少なくして生活をシンプルにしたい」という理由で始めています。

 

シンプルライフをしているあなたは、決してお金に困っているわけでもありません。

生活がシンプルになった結果として節約に繋がっています。

 

節約で浮いたお金を使って、今まで使っていたものを少しだけ上質なものにできます。

 

あくまでも

「余計なもの減らしていって、余分が買い物はしない」

この考えは忘れないで下さい。

理想的なシンプルリッチライフの形が見えてきた

シンプルリッチライフの目的は、「愛着のあるものだけを大切に使い続ける」ことです。

 

モノがある状態からものを減らして、残ったものを見てみると「愛着のあるもの」があまりにも少ないことに気が付きました。

食器はダイソーで買ったもの
フライパンはニトリ
タオルはボロボロでどこで買ったか忘れたもの

驚きました。

 

シンプルライフをしている我が家に置いてあるものは、

「価格が安いもの」

「手に入りやすいもの」

この2種類しかありません。

 

日常使いにはまったく問題ありませんが、「愛着を持つ」ということにはかなり厳しい。

断捨離で物が少なくなった家に安いものしかないのは少しさみしい気がします。

 

 

シンプルライフで物がなくなったので、これからは愛着の持てるものを少しだけ持って生活を追求します。