セブンチェアとイームズチェアの比較。初めて買うならセブンチェアをおすすめ

おしゃれなリビングに憧れていい椅子を探していると必ずたどり着くのがセブンチェアとイームズチェアです。
セブンチェアは木の温かみとシンプルな作りでどんな部屋にも相性抜群。
イームズチェアは丸みのあるフォルムと独特の足で、部屋のアクセントになります。

セブンチェアもイームズチェアも値段が高い椅子なので、購入前にしっかりと座り心地や評判を確認したいですよね。

シンプルライフを追求する僕がセブンチェアとイームズチェアの両方を購入したので、実際に使ってみた座り心地を紹介します。

我が家での使い方

我が家は僕と妻と子供(1歳)の三人で住んでいます。

  • ダイニングテーブル:幅150センチ、高さ70センチ、奥行き80センチ
  • セブンチェア:2脚
  • イームズチェア:1脚
  • ストッケ:1脚

ナガノインテリアのブラックチェリーのダイニングテーブルに使う椅子としてセブンチェアとイームズチェアを使っています。

テレビを見たり子供と遊ぶときはソファーでゴロッとしているので、椅子に座るのは食事やお菓子を食べるときだけです。

セブンチェアとイームズチェアの比較

イームズチェアのほうが座面が高い

イームズチェアのほうがセブンチェアと比較して座面が高いです。
比較すると センチの差しかないけど、座ってみるともっと大きな差があるように感じました。

イームズチェアは足が楽

イームズチェアは太ももの裏が当たる部分が少し上向きになっています。
これによって、太ももが上がり膝が高くなるので足が持ち上がる感じがします。

セブンチェアは食事向き。イームズチェアはくつろぎ向き

我が家は3人しかいないのに、椅子が4脚あります(1脚は子供専用)。

妻がイス好きなので、気分によってセブンチェアとイームズチェアを使い分けています。
セブンチェアは食事用に使って、イームズチェアはコーヒーを飲んだりくつろぐときに使っています。

理由は背もたれの角度です。
セブンチェアの背もたれが垂直立っているのに対して、イームズチェアはやや斜めになっています。
食事のときには背もたれが真っすぐのセブンチェアのほうが楽なようです。
イームズチェアの斜めの背もたれはダラッとするときに楽なようです。

セブンチェアは部屋に溶け込む。イームズチェアは存在感がある

セブンチェアは木製なので部屋全体に溶け込みます。
特に、ブラックチェリーのダイニングテーブルと相性がよくとてもマッチします。

イームズチェアの座面は白いので、部屋に溶け込むというよりもアクセントになります。

1歳の息子は座面が広いイームズチェアによく座る

イームズチェアはセブンチェアと比較して、座面が広く丸みがあります。
座面は横にも前にも広いです。
座面の丸みは座ってみると包まれる感じがあります。

この安心感のせいか1歳の息子はイームズチェアのほうが気に入って、セブンチェアよりもイームズチェアによく座っています。

セブンチェアは掃除が簡単

セブンチェアもイームズチェアも座面に突起がないので掃除に手間はかかりません。
唯一違うのは足元のフレームです。

イームズチェアは独特なエッフェルタワーと呼ばれる複雑なフレーム構造をしているので、手が入りにくく拭き掃除がやりにくいです。
セブンチェアはシンプルなフレームが4本なので、一瞬で磨くことができます。

迷ったら最初はセブンチェアを買いましょう!

結局どっちを買えばいいのさということですが、イスの使いみちを考えて買いましょう。

食事や勉強など背もたれを使わない場面が多く想定される場合は、セブンチェアを買いましょう。

一方でコーヒーを飲んだり、くつろいだりする場面で多く使う場合は、イームズチェアがいいでしょう。

2種類のイスを買ってみた感想ですが、セブンチェアは食事からくつろぎまで使えるオールマイティーなイスです。
イームズチェアはコーヒーを飲んだりおしゃべりをしたりなどリラックス用のイスです。

どっちを買おうか迷っている場合は、まずはセブンチェアを最初に買うことをおすすめします。