こんにちは。社畜の皆さん(マウント気味)

今日もお仕事がんばっていますか?

 

いきなりスミマセン。

そんな僕も社畜です。

 

社畜って辛いですよね。

無能な上司やアホな経営陣に振り回されてるし、やることなくてもなんとなく残業しなきゃならない。

 

「この仕事やらなくてもよくね?」

こんなことにもう気が付いていますよね。

 

そんな事を思っていてもなぜ仕事をするのか?

ぶっちゃけ給料です。

 

仕事が楽しくてしょうがない!
この仕事をしていれば給料なんていらない!

そんな洗脳疑惑のある意識高い系社畜もごくごく稀にいると思います。
でも、大半はお金のためにサラリーマンをやっているハズ。

 

ところで、あなたの給料はこれから上がると思いますか?
多分チョットだけ上がるはず。
10年後には手取り額が今よりも3万円くらい増えているかもしれません。

 

正直、やってられない

 

これからもアホな上司に振り回されながら、
10年耐えて手取りが3万円って・・・

 

サラリーマンとして会社で勤めていたら、自動的に昇給して手取りが増えた
こんな時代は今は昔。

 

そろそろサラリーマンとしての働き方を考える必要があるのではないでしょうか?

 

今すぐ会社で昇進を捨てて、昇給を諦めなさい!

 

僕はもうとっくにサラリーマンとして会社からもう給料が上がることを諦めています(笑)
会社員として働きながら副業を始めたので、かなりの副収入を手に入れることができました。

 

副収入があるからと言ってサラリーマンを辞めません。

だって、サラリーマンは超安定しているし
毎月決まった給料がもらえるのは魅力。

職業欄には「無職」よりも「会社員」って書きたいですし。

 

これからの時代は社畜として生きるのではなく、サラリーマンは副業もすべきです。

サラリーマンはどうして給料が上がらないのか?

昔は年功序列という羨ましい仕組みがあったので、
会社員として仕事をしていれば自動的に給料が増えていたようです。

じゃあどうして、今は給料が増えないのか?

そもそも従業員の給料は会社から見れば単なる経費(コスト)

人件費は経費

給料は人件費として処理されます。

会社はお金をたくさん稼ぐことが目的なので、会社の従業員はお金を設けるための道具

つまり従業員はコストなのです。

 

道具にはメンテナンスや燃料が必要です。
そのメンテナンスが福利厚生だったり、
燃料が給料だっらりするわけ。

つまり会社側から見れば従業員は単なる道具でありコマなのです。

 

社畜のあなたはわざわざ燃費の悪い車を買いたくないですよね。

 

きっと燃費が良くて荷物もたくさん載せることができて、
それでもって維持費も安い車に乗っているはず。

例えばワゴンRだったりソリオだったり。

ちなみに僕は子どもが産まれて三人暮らしになったので、
電動スライドドアが着いているスズキのソリオに乗り換えました。
→三人家族になった新米パパが真剣に車選びをしたらソリオを選んだ話

 

会社も同じでコストはできるだけかけたくないので、給料は上げません。

会社側からすれば、
「社員の給料を上げるとなにか良いことあるの?」
と、なるわけなんです。

まぁ少しはやる気を出してくれるかもしれないから、1000円位上げておけば良いでしょ!

 

つまり会社は従業員の給料を上げる意味がないのです。

会社が儲かっていないから給料が上がらない

会社が儲かっていない

そうは言っても社員の給料をあげようと思っている社長もいます。

しかし、給料が上がらなのはなぜか?

 

簡単な話、会社が儲かっていないから。

あなたが頑張って残業して働いていることと会社が儲かることは別の話

 

社長が従業員の給料を上げたいと思っても、
会社が儲かっていなくて、利益がなければ出せるものも出せません。

 

給料をたくさん払いすぎたら、会社が傾いたなんてことになると笑えない

 

そんな危険な状態が続けば、そのうち倒産という結果に。

 

儲かっていない会社は余分な経費から削減するので、
コストである従業員の給料を上げないのは最もです

儲かっていない会社では絶対に給料はあがりません。

会社が儲かっていても給料を上げたくない

儲かった会社

世の中には会社が儲かっていても、従業員の給料を上げない場合もあるんです。

実は世の中の会社はほとんどがこれに当てはまるのです。

 

儲かっている会社の経営者は、コストである従業員の給料を抑えて何を考えているのか?

それは、今よりももっとたくさん稼ぐための設備投資です。

最新の機械を買ったり、
新しい事業に進出したり

だって会社の目的はお金をたくさん稼ぐことだし。

会社は個人の成果に対して評価しない

「頑張ったら給料が上がる!」

社畜であるサラリーマンの最大の勘違いはこれ。

 

サラリーマンの給料を決める要素の中で、
「個人の成果」はほとんど関係ありません。

あなたの会社を見ても、優秀な社員と何もしない窓際社員がいますよね?
この二人を比較すると、優秀な社員の方が給料が高いはずでしょう。

ではどれくらい高いのか?

この二人が同じ年齢だとすれば、3万円も違わないでしょう。

 

 

日本の会社には給料を決める賃金テーブルがあって、
その範囲から出ないように給料が調整されるのです。

(最近ではベンチャー企業や外資系企業が増えてきたので、
個人の成果を反映するようになってきました。)

 

頑張ったら頑張っただけ給料が上がるという働き方は、
フリーランスや自営業の働き方であって、サラリーマンの働き方ではありません。

サラリーマンというのは「安定した身分」を得て「成果報酬」を捨てている働き方なのです。

税金が上がっている

税金が上がっている

社長から
「昇進したから来月からキミの給料を1万円アップしよう!」
と、言われたとします。

やった!来月からお小遣いアップだ!

 

と思っていて、給与明細をみて愕然とします。

1万円の給料アップでも手取りはそんなに増えていないことに気がつくはず。

1万円アップのつもりでいたのに、数千円しか増えていない。
あると思っていたものがないと、ショックはかなり大きい。

 

給料が増えても手取りが増えないのは累進課税があるから。
中学校くらいで習いましたよね?

たくさん稼ぐ人はその分税金もたくさんもらいますよという制度です。

 

これから日本の税金はますます増えていきます。

所得税
健康保険料
厚生年金保険料
雇用保険料
住民税

給料の額面が増えても手取りがなかなか増えにくくなっていきます。

サラリーマンで手取りを増やすことを諦めませんか?

手取りを1万円増やすことは難しい

給料を手取りで1万円増やす方法を考えてみます。

 

会社員は税金を自動的に徴収される源泉徴収

このため、給料が1万円増えても手取りが1万円増えるわけではありません。

 

手取りで10,000円を増やすためには12,000円くらい額面を増やす必要がある。

 

残業で稼ぐなら8〜10時間くらいの残業でしょうか。

基本給をあげようと思ったら、何年かかりますか?

 

10,000円を手取りで増やすためにはとても大変なことがわかるはず。

 

実は収入を増やすよりも支出を減らす方が簡単。
格安スマホに乗り換えるだけで、毎月7,000円の節約が簡単にできます。
格安SIMに乗り換えたら、毎月7,000円以上の節約になりました

[kanren postid=”25″]

サラリーマンの身分は守りましょう

社畜と呼ばれるサラリーマンでも実はそのメリットはかなりたくさんあるってご存知だったでしょうか?

福利厚生が手厚い

福利厚生とは給料以外でもらえるサポートのこと。

サラリーマンという身分は法律で手厚く守られているのです。

どんなものがあるかと言えば、

  • 交通費や定期券
  • 有給休暇、育児休暇
  • 厚生年金
  • 健康保険

ざっと紹介してもこれだけ保証されています。

 

魅力的なのものは厚生年金などの社会保険です。
サラリーマンは強制的に加入しているので、その恩恵は感じないかもしれません。

社会保険に加入していれば、健康保険料や厚生年金などの保険料を会社が半分負担してくれているのです!

 

会社員をやめて個人事業主などなった場合は、国民健康保険と国民年金に加入しますが
その場合の保険料は自分で全額負担しなきゃダメなのです。

住宅ローンを組みやすい

不動産投資のメリット

これから住宅を購入しようと思ったら、住宅ローンを組みますよね

法律で身分が保証されていて、毎月決まった収入も入ってくるサラリーマンは住宅ローンの審査に通りやすいのです。

サラリーマンは住宅ローンを組みやすいということ。

 

考えてもください。

あなたが人にお金を貸す時には、
本当に返ってくるのか人をみて考えますよね。

無職の人にはお金を貸したくないですよね。

 

銀行も同じで住宅ローンのためにお金を貸す時には、

収入があるのか?
家族構成は?
年齢は?

借りようとしている人を審査をします。

 

毎月決まった収入があるサラリーマンは返せる見込みがあると判断されます。

サラリーマンは安定した身分なので、住宅ローンが組みやすいのです。

毎月決まった日に決まった給料が振り込まれる

銀行口座に振り込まれた

「サラリーマンは成果を捨てて安定を確保している」とはさっき説明しましたよね。

 

サラリーマンにとっての安定とは、毎月決まった日に決まった金額が銀行口座に振り込まれることです。

 

普通に真面目に会社に行って仕事をしていれば、
よほどのことがない限りクビになりません。

景気や業績に多少影響されても、給料がいきなり半分になる!なんてことはない。

これが個人事業主のような自営業の場合はありえるのです。

 

今月の収入がわかっていれば、生活設計もやりやすいんです。

サラリーマンこそ副業をすべき

サラリーマンとして必死になって仕事をしても給料が上がらないことがわかりましたよね?

 

どんなに仕事を頑張って働いても、会社が儲からないと給料は上がらない。
残業をたくさんしても税金が上がるので、手取りがなかなか増えない。

サラリーマンが給料を上げることは激ムズでもはや無理ゲー。
時間も精神も消耗するだけです。

 

もういいんじゃないかな。

 

会社での昇進と昇給を諦めてください。

 

そこでサラリーマンこそ副業をするべきです。

副業だったら頑張ったら頑張った分だけ収入が増えます。

 

私は3ヶ月で集中的にサイトを作って、毎月3万円以上の収入を副業で得ています。

会社からの給料を毎月3万円の給料アップをするためには、
何年我慢すれば良いのでしょうか?
5年?10年?

副業だったら3ヶ月です。

今では何もせずに毎月3万円の副収入をゲットできています。

 

もちろん今の身分はサラリーマンです。

不動産投資とアフィリエイト。サラリーマンの副業どっちがおすすめ?

[kanren postid=”889″]

まとめ

いかがだったでしょうか?

社畜として頑張って働いていてもサラリーマンである限り収入が増えません。

 

僕はもう会社での昇進と昇給を捨てました。

だって頑張っても給料が増えないし・・・。

 

その代わりに安定した身分である会社員という身分を保ったまま、
副業を行っています。

 

副業はがんばった分だけ収入が増えます。

 

「頑張っているのに給料が増えない!」

こんな不満はありません!

 

会社員こそ副業をスべきです。

[kanren postid=”889″]