「リライト」

ブログを日々書いているあなたは聞いたことがありますよね。

 

一般的なリライトという意味は、

「記事・文章の内容は変えずに、表現を書き換える」

という意味

 

これが「リライト」という意味ですが、ブログを書いている人の大半は意味を取り違えています。

リライトをしっかり理解することはアクセスアップの近道です。

そこで、リライトを正しく理解してリライトがうまくなるコツと書き方を解説します。

ここが違う!間違ったリライトとは

誰かが書いた記事の文章の語尾を少し変えることがリライトと思っている人がいます。

「今日は雨が降ると思います

「今日は雨が降るらしいです

これはリライトではありません。

その他に、

[box class=”green_box” title=”間違ったりライトの認識”]

  • 「てにをは」と変える
  • 同じ意味の単語に書き換える
  • 文章の並び替えをする

[/box]

これらはリライトではなく盗作

つまりパクリです。

[box class=”green_box” title=”盗作っぽい例文”]

文章を入れ替えるとは?
原文:今日の天気は、雨のち晴れです。
例文:雨のち晴れが、今日の天気です。

単語を入れ替えるとは?
原文:今日の天気は、雨のち晴れです。
例文:今日の天気は雨が降った後に晴れます。

リライト風?
原文:今日の天気は、雨のち晴れです。
例文:今日の天気は、高気圧が活発になるので、雨のち晴れになります。

[/box]

これらは全て、リライトではありません。

あなたはこんな間違った認識していないですよね。

ネットで「リライト」と検索するとこのようなやり方をリライトと教える人もいます。

このような書き換えは、パクリです。

  • 「てにをは」と変える
  • 「同じ単語に入れ替え」
  • 「語尾を変える」

このようなことはリライトではありません。

リライトとは、内容や流れは同じでもまったく違った文章にすること。自分にしか出せない価値を生み出すことを指します。

正しいリライトの方法とは?

実際にリライトした例文をご紹介。

[box class=”blue_box” title=”正しいリライト例”]

原文:
私は毎日スタバでパソコン作業をしています。
お気に入りのスタバに行くので店員さんとも顔見知りになり、
コーヒーのカップにはいつもメッセージが書かれています。
これが、スタバの楽しみの一つでもあります。

リライト
私のお気に入りはスタバでコーヒーをのみながらパソコンで作業をすることなんです!
奥の窓際の席がお気に入り。
毎日スタバ通ううちにに店員さんとも仲良くなっちゃいました。
カウンター越しに優しく声を掛けてくれます。
注文したコーヒーカップと一緒にメッセージが添えられています。
実は毎日楽しみにしちゃっています。
明日もスタバに行くのが楽しみです!

[/box]

この文章は伝えたい内容や話の組み立て方は変えずに表現を変えて、文章を生まれ変わらせています。

書き手がOLのような印象を受けます。

他にも、書き出しを変えることでまったく違った文章にかわります。

リライトがうまくなる方法

どうやったらリライトがうまくなるのでしょうか?

文章スキルは一朝一夕で身につくものではありませんが、今から紹介することを意識すれば少しづつ、リライトスキルが上達します。

[box class=”yellow_box” title=”リライトがうまくなるコツ”]

  1. 全文を読んで理解する
    まずは原文を読んで何を伝えようとしているか理解します。
  2. 文章を映像化する
    文章の内容を理解できたら、その様子を頭のなかでイメージします。
  3. 映像化して再度文章にする
    頭のなかでイメージした映像を文章にします。
    この時、原文は見ないようにしてください。

[/box]

このことを意識するだけで、リライトは簡単に上達します。

伝えたい内容をしっかりと理解すれば、自分の言葉を使って新しい文章を作り出すことができます。

文章の内容を理解せずに、チョコチョコっと直してもリライトにはならず、薄っぺらい文章です。

 

文章をつかったブログ記事の目的は、記事の内容を相手に伝えて相手を動かすこと。

心を動かすためには、共感と理解を文字を使って獲得することが必要

 

そのためには、小手先を使ったテクニックではなく自分の体験から生み出される言葉を使わなければ、相手に届きません。

一つずつ丁寧に心のこもった記事を作ることができれば、きっと相手に伝わります。

これからリライトをする方は参考にしてくださいね。