プロフィールを読んで頂きありがとうございます。

僕の名前は、さくぞーです。

 

簡単なプロフィール

名前:さくぞー

1987年生まれ。

石川県在住。

僕の経歴

ホリエモンに憧れた就活時代

近鉄バッファローズの買収にライブドアが名乗りを上げたことを覚えているでしょうか?

近鉄の身売り話が出たときに、真っ先に手を上げたのが、
ホリエモンこと堀江貴文氏が率いるライブドアでした。

Tシャツで記者会見に現れて、
ひょうひょうと語る姿に衝撃を覚えました。

ホリエモンは当時で20代です。

僕は20歳です。

 

「自分と10歳も違わない人が日本中を騒がせている!」

という衝撃を今でも忘れていません。

それまで僕は大学を卒業後は、
どれだけ大きな会社に入ることができるかが人生だと思っていましたが、
その概念をガラガラっと足元から崩されました。

そして、僕はこのように考え始めます!

 

「僕もホリエモンになりたい!!!」

と。

売り手市場でも大企業を目指さずベンチャー企業に就職

僕が大学を卒業する年の就職活動は「超売り手市場」の2009年でした。

大学の同期は特に苦労せず大手自動車会社や
大手電機メーカー、電力会社などへ就職していきました。

2年後の2011年にはリーマンショックが起きるので、
就職活動ではラッキーな世代だったと思います。

そんな「超売り手市場」の就職活動時期にもかかわらず、
僕は新卒という就職においてのプラチナカードをITベンチャー企業に使うことにしました。

ITベンチャーと言っても売上30億円以上、社員数100名の会社です。

ただ、上場はしていないし、
当時のガラケーで着うたや着メロを配信するサイトを運営している会社だったので、
大手企業に就職した同期から見れば、よくわからない会社と見られていました。

 

その会社ではプログラマとして、
携帯コンテンツを配信するサイトの開発を行いました。

使用言語はphpと呼ばれる、今では主流になっているWEB用のプログラム言語です。

このときのシステム開発の経験が今の仕事につながっているわけです。

28歳で地元Uターンして大手上場企業へ入社

僕は石川県出身です。

大学時に愛知県に就職したので、
いずれは地元に帰って働きたいという考えが心の何処かでありました。

それが実行されたのが30才目前の28才のとき、入社3年目を迎えた5月です。

なぜこのタイミングかといえば、
当時付き合っていた彼女と別れたからです。

こうやって文字にして書くと、
失恋の痛みから地元へ帰った
と、思われがちですね。

まぁ半分あたりで半分違うことにしてください。

 

愛知県で働きながら
石川県の企業への履歴書を送ったり、
面接をしたりと大変なことも多くありました。

その甲斐あってか、地元の有名上場企業から内定をもらうことができました。

年収は変わらずです。

 

ということで、僕は社員数100名のITベンチャー企業から
社員数1000人の上場企業へ転職をするのです。

独立を夢見て再度社員数3人のベンチャー企業へ

地元へUターンした会社では前職のプログラマ経験を活かして、
機械の制御設計を行いました。

僕が入社した会社は上場企業ではあるものの
オーナー家族の家族経営の会社です。

年功序列も色濃く残っていて、
若手抜擢などは考えられないような会社です。

毎朝始業前にはラジオ体操を行って、
毎週月曜日には社訓を唱和するという昔ながらの風土も残っています。

とはいえ、その会社の仕事は楽しく
自分の性格ややりたいことに合致していたと思っています。

 

しかし、そんな大企業に勤めていると少しづつ違和感を覚えるようになってきました。

やっぱり小さなベンチャーで働きたい!

そしていつかは独立したい!

 

ということで、社員数1000人以上の地元の上場企業をやめて
社員数3名の名もなき企業へ転職しました。

32歳で結婚。33歳で一児のパパになる

社員3人の小さな会社で働いているときに、結婚しました。

結婚1年後には、子供が生まれて一時のパパになりました。

34歳でマイホームを購入

石川県では持ち家が主流です。

僕も例に漏れず住宅を購入を考えます。

 

サラリーマンでないと
住宅ローンは組みづらいということで、
会社勤め中に家を買うことに決意しました。

運良く狙っていたエリアに建売の住宅を見つけることができたので、
迷わず購入しました。

これで独立までにやるべきことは全てしました。

あとは独立するだけとなりました。

家族を守るため独立を諦める

サラリーマンが独立前にするべきことも全て行ったので、
あとは独立するだけの状態です。

 

会社の作り方を調べたり、
賃貸物件などの下調べも完了です。

いよいよ、会社に退職届を出そうと思っていました。

そう、思っていました

しかし、僕は独立をしませんでした。

 

ええええ!

何をいまさら?

と、周りから散々言われました。

 

ホリエモンみたいになりたいと思った僕がなぜ独立を諦めたかというと、
家族の存在です。

僕が独立をしようと思ったときには、
1歳の息子と、妊娠3ヶ月の妻と、住宅ローンを抱えていました。

世の中には妻子持ちで脱サラする人はたくさんにいます。

サラリーマンという安定した身分を捨てて、
脱サラするということは、
自ら茨の道を歩くことです。

妻と子供がいて、
持ち家もあって、
金銭的に余裕はないけど、
不自由もない。

それを自分が独立したい!という想いだけで、
捨てるのはどうなんだろうと考え始めました。

 

そこで、僕は一つの目的を立てるのです!

「会社をやめないで、副業で稼ぐ!」

 

このサイトの運営目的・ミッション

このサイトは、30代の僕が持ち家を買うためにお金についてしっかりと考えようと思ってスタートしました。

今までは一生賃貸でもいいんじゃないの?と考えていましたが、結婚と出産を機に家族の絆を強くし、より楽しい人生を過ごすためには家が必要だ!という考えにかわってきました。そこで、自分自身お金についてしっかりと考えようと思い、自分の考えをブログに残していくようになりました。

 

アフィリエイトについて

このブログは、アフィリエイトに参加しています。アフィリエイトは企業のリンクをサイトに張り、そのリンク経由で会員登録や商品の購入をしたりした場合に、サイト管理者に報酬が支払われるものです。このサイトでも。アフィリエイトのリンクを貼らせて頂いて、その収益はこのブログの運営費用として利用させていただいています。

免責

このサイトで紹介したコンテンツによって生じたいかなる障害に、当サイトは責任を負いません。

また、投資に関する記事を書いていますが、当サイトでは投資を勧誘するものであはありません。投資に関する決定をされる場合は、ご自身の責任と判断でお願い致します。