いつも中のよい夫婦でも一緒に生活をしていればケンカは当たり前。

夫婦喧嘩の末に、普段は温厚な夫やいつもは大人しい妻が無視をはじめることもある話。

無視をされ続けると「離婚」ということも頭をよぎって不安になりますよね。

そこで夫婦喧嘩でお互いを無視をする状態に陥った問の対処方法と離婚を避ける仲直りの方法をご紹介。

[kanren postid=”555″]

夫婦喧嘩で無視をされた時の仲直りの方法

素直に謝る

無視をされている期間が浅い場合には、素直に謝ることが一番有効です。

謝るだけで仲直りのきっかけになります。

「自分は悪くない」と感じている場合でも、離婚を回避するためにグッと我慢。仲直りできるとその我慢も

LINEや手紙で文字にして相手に伝える

夫婦喧嘩で無視をする状態が数日経った場合には、話すきっかけがなくなって謝ることも難しくなります。

そんな時は、LINEや手紙で文字にして謝るというのも効果的。

 

感情が邪魔をして言葉では言いにくいことも、文字にすると冷静に伝えることもできます。

スキンシップ

夫婦の仲直りにはスキンシップも効果的

話し掛けても手紙を送っても反応がない時は、思い切って抱きつくことがいいです。

「もしかして嫌がられるかもしれない」「今更そんなことはできない」と思うかもしれませんが、ほんのチョットの勇気を持ってください。拒否されることはあまりないと思います。

 

ミソは「ごめんね」と言いながら、そっと後ろから抱きつくこと。
やってみるとわかると思うのですが、かなり効果があります。

離婚したくないならば、ほんのチョットだけ勇気を出してください。
無視状態が続いて一週間程度経過してしまった場合は、有効的な方法です。

一度距離を置いてみる

夫婦喧嘩で無視が始まってしまうと、一度距離を置くのもトキにはありです。

家を出て行くとか別居をするという意味ではなく、同じ空間にいながら距離を置いて接するということ。

無理に話しかけるのではなく、相手と一定の距離を置くようにして生活をしていくのです。
距離を一度置くことでお互いが冷静になり、次第に仲直りがしたいという気持ちが芽生えます。

向き合って話す

夫婦喧嘩の内容や状況にもよりますが、こちらに夫婦喧嘩の原因があると思う場合はまずはきちんと反省をする必要があります。

相手が無視を続けているのはまだ許していないからです。

夫婦喧嘩が数日過ぎても相手が無視をするようであれば、しっかりと反省をしてから、きちんと向き合って話をしてみることに挑戦してみましょう。

まとめ

夫婦喧嘩で妻や夫が無視をしている状態が、長く続くと「離婚」に発展する可能性もあります。

夫婦喧嘩で「無視」は危険な状態と判断して、少しでも早く解決必要があります。

夫婦喧嘩を解決するための仲直りの方法をご紹介しました。

ヤバイ!と思ったり、なんとかしたいと思っている方は参考にしてみてくださいね。