年末が近づいてくると、新年を迎える準備を始めます。

新しくするものの中でカレンダーがあります。

 

シンプルライフを目指す場合は、カレンダーは必要ありません。

シンプルライフのためにカレンダーはいらない理由

スマホで確認できる

スマホの中には時計機能とカレンダー機能がついています。

ホーム画面に日付を表示させることが出来るので、わざわざカレンダーを見る必要もありません。

 

カレンダーにペンで予定を書き込んでいる人もいると思いますが、それもスマホでできます。

Googleカレンダーやその他のカレンダーアプリにはスケジュール機能がついているので、スマホがスケジュール管理だ出来るようになっています。

我が家では、僕の予定と妻の予定をGoogleカレンダー上で共有しています。

我が家でのおすすめの使い方は、Googleカレンダーにゴミの収集日の予定を記入しています。
僕が住んでいるエリアは週2回可燃ごみの回収日がありますが、不燃ごみと資源ごみは月1回です。
忘れがちな不燃ごみと資源ごみをGoogleカレンダーに登録しておけば、ゴミの出し忘れを解消できます。

部屋のレイアウトに合わなくなる

カレンダーを壁に貼ると、部屋のシンプルさは無くなってしまいます。

スッキリしたインテリアを目指しているなら壁には何も貼らないようにする必要があります。

卓上カレンダーは掃除の時に邪魔

卓上カレンダーの小さなものを置いている場合は、掃除の邪魔になります。

カレンダーを置いているボードを拭く時には、卓上カレンダーを動かす必要があります。

  1. カレンダーを動かす
  2. 拭く
  3. カレンダーを戻す

①と③が無駄な作業です。

こういった小さな無駄の積み重ねが掃除を重荷にする原因です。

まとめ

いかがだったでしょうか?

現代の生活で今日の日付を確認する必要は滅多にありません。

今日の日付を確認するならスマホでも出来るし、スマホに予定を登録しておけば、日付と一緒に確認できます。

壁に貼るカレンダーはシンプルなインテリアを破壊するし、卓上カレンダーは掃除の邪魔になる。

我が家ではシンプルライフを行っているので、カレンダーは購入しません。購入しないので、無駄な出費も避けることができます。

  • 貧乏な人の習慣とは?お金が貯まらない人の特徴
  • お金持ちは持ち物が少ない。貧乏人は持ち物が多い。浪費をやめてシンプルライフを

これから年末に向かっていくので、新年の準備をはじめる方は参考にしてくださいね。