我が家は子供の教育資金を作るためビットコインへの投資をしています。




仮想通貨といえば、最近話題になっているのがビットコイン。

我が家は2017年の7月からビットコインへの積立投資を始めています。

ビットコイン投資のきっかけ

僕がビットコインへの投資を始めたキッカケは些細なものでした。

知人と学資保険の話をしていた時に、我が家では学資保険を使わないという話をしていました。学資保険を使わない代わりにジュニアNISAを使った積立を始めていると伝えた時に、知人が言いました。

子供が産まれたので学資保険について真剣に考えた結果、申込みを辞めた理由

「仮想通貨は海外ではメジャーらしい」

この何気ない一言が、僕がビットコインへの投資を始めるキッカケでした。

2017年の1月から6倍以上の値上がり

 

ビットコインは2017年1月から11月までの間で約5倍以上の値上がりが起こっています。

新しい技術を使った金融商品なので、取引人口が増えれば増えるほど価値が上がっていくことは明らかです。

かなり大きなリスクがある

もちろん投資にはリスクがあります。

特にビットコインのような海の物とも山の物ともつかないシロモノは10年後どうなっているか分かりません。

全てをビットコインへ投資するのではなく、投資資金の20%までとルールを決めてリスク分散をする必要があります。

毎月5,000円を積立投資

資産運用の基本は長期運用による積立投資です。

調べたところ、ビットコインも積立投資が出来ることがわかりました。

僕が使っているのはコインチェックビットフライヤーとよばれるコイン取引所。

積立投資をすれば、安い時にたくさん買えて、高いときは購入量を抑えることができます。

これをドルコスト平均法というのですが、積立投資で利益をあげる最善の方法です。

我が家ではビットフライヤーで毎月5,000円のビットコインを購入しています。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

積立にはクレジットカードとか二段階認証などややこしいことがありました。

しかし、全ての作業をスマホ上で出来るので一日で登録することができました。

 

最近では、ビットコインの値上がりの速度が早すぎで

「あの時、もっと買っていたらなぁ」と思うこともあります。

しかし投資に焦りは禁物

 

18年後の子供の将来に備えて、ゆっくりと積立投資を続けていきます。

投資は焦らず、しかし早めのスタートが大切。

投資資金の捻出方法

ビットコインは投資対象としては、いいのか悪いのか分かりません。

もしかしたら100倍になるかもしれないし、なくなるかもしれません。

そんなギャンブル的な要素もあることを理解する必要があります。

 

僕は、ビットコインへの投資資金は解約した保険料金を当てることにしました。

ひまわり生命の低解約返戻金型終身保険を解約。保険よりも貯蓄を!

保険金額がちょうど5,000円ほどだったので、それをそのままビットコインへ移しています。

毎月5,000円で年間60,000円の投資です。

18年間続ければ、108万円です。

上手く実ることを祈ります。

ビットコインへの投資を始めてみたい方へ

ジュニアNISAや積立NISAなど、我々が投資をするための環境が整いつつあります。

新しい投資対象としてビットコインも考えてみてはいかがでしょうか?

我が家は毎月5,000円をビットコインに積み立てています。

 

どうやって投資を始めたらいいのかわからない!

と、お悩みの方はコインチェックへの登録をオススメします。

コインチェックは管理画面も使いやすいのでオススメです。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です