菊沢一樹騎手が騎乗停止処分になりました

日本中央競馬会が菊沢一樹騎手を騎乗停止処分にしたニュースがありました。

JRAは3日、菊沢一樹騎手(19)=美浦・菊沢厩舎=が日本中央競馬会競馬施行規程第147条第20号により、8月3日から9月1日まで騎乗停止処分としたことを発表した。

スポーツ報知

第147条第20号の規定に引っかかったようです。

どうやら未成年なのに飲酒をしたようです。

【参考 日本中央競馬会競馬施行規程(抜粋)】

第147条 第138条第1項各号及び第145条各号のいずれか又は前条に該当する場合を除き、次の各号のいずれかに該当する馬主、調教師、騎手、調教助手、騎手候補者又は厩務員に対して、期間を定めて、調教若しくは騎乗を停止し、戒告し、又は500,000円以下の過怠金を課する。

  • (1)から(19)〔略〕
  • (20)競馬の公正確保について業務上の注意義務を負う者としてふさわしくない非行のあった者

過去にも合った騎乗停止処分

杉村一樹騎手 騎乗停止10日間

大井競馬場は9日、杉村一樹(39=川崎)を実効10日間(7月4日〜17日)の騎乗停止とすることを発表した。

今年2、3月の開催中に計4回、他県騎手控室に通信機器を持ち込み、外部と通信したため。

スポニチ

騎手控室から外部と通信すると騎乗停止になるようです。

携帯電話やスマホの持ち込みもダメなようです。

もちろんツイッターもダメです。

リチャード・ルメール 騎乗停止2日間

こちらもスマホ関連です。

阪神競馬場の調教ルームでスマホでツイッターを利用したらしい。

JRAの事情聴取によると、携帯電話に知人からツイッター(簡易投稿サイト)にツイート(投稿)が入り、それに対して2回リツイート(他人の書き込みを再投稿することで転載すること)。この行為が、日本中央競馬会競馬施行規程における「競馬の公正確保について業務上の注意義務」への違反となった。

東スポWEB

日本中央競馬会の制裁方法

日本中央競馬界の制裁方法は点数方式です。

1点 戒告
2点 過怠金10,000円
3点 過怠金20,000円

過怠金30,000円

4点 過怠金40,000円

過怠金50,000円

5点 過怠金70,000円
8点 過怠金100,000円
10点+α 騎乗停止(α=騎乗停止日数×2)

制裁点ランキング

  • 1位 木幡巧也 76点
  • 2位 小牧太 56点
  • 3位 菊沢一樹 54点
  • 4位 M.デムーロ 49点
  • 5位 松若春馬 48点

競馬は厳格なルールに基いて、行われているようです。

このようにしっかりとルールがあるので、見ている方も安心出来ます。

関連記事:DMM.comが競馬業界へ参入。DMMバヌーシーで馬主になれる