「フォー」で一斉を風靡したレイザーラモンHGと元グラビアアイドルの住谷杏奈さん。

しくじり先生で、夫婦間の収入やパワーバランスを紹介していました。

夫婦のあり方としてとても勉強になったので紹介します。

レイザーラモンHGと住谷杏奈の収入状況

レイザーラモンHGはハードゲイキャラで、大人気になり一時期の最高月収は1,200万円に達したようです。

その後は、プロレスの仕事をしていましたがプロレスでケガをして収入が途絶えました。

収入がなくなった家計を支えたのは奥様の住谷杏奈さん。

当時は子供がいたので、定時の仕事ができないので商品開発をすることになります。

初めて開発した石鹸が大ヒット。

次々に大ヒット商品して、最高年収が1億円

夫婦間のパワーバランスが完全に崩壊。

夫の人格を否定し、尊重しなくなりました。

その後、住谷杏奈さんは6,000万円をかけてピザ屋「アンティーな」を代官山にオープンします。

しかし、食材に拘りすぎて採算が合わないことや席数が少ないこと、人材教育が出来ないことを理由で大失敗。

一億円の赤字で閉店します。

貯金もなくなって、どん底になります。

そんな時に助けてくれたのが、夫であるレイザーラモンHG。

今までたくさんディスっていたのに、奥様を支えてくれます。

レイザーラモンHGと住谷杏奈の二人から学ぶこと。

お互いを尊重するということが大切です。

相手を否定することなく、認めてあげること。

家族は一人では成り立ちません。

よりたくさんのお金を稼ぐほうが偉いという考えでなく、一緒に家庭をやりくりしましょう。

我が家では子供が小さいので、妻は働いていません。

僕の収入だけでやりくりしています。

「僕が養っている」とは考えてはいけません。

僕は働いている間に、妻は育児をしている。

育児は妻にしか出来ない仕事なので、僕は妻に尊敬しています。

まとめ

夫が働けなくなった時に、妻が働くことは素晴らしい。

けれども、お金だけで判断してはいけない。

自分ができることと他人ができることが違うから、それぞれ役割が違う。

我が家でも妻への感謝の気持ちを忘れることなくこれからも行きています。