楽天が運営する「楽天スーパーポイント」の付与ポイント数が1兆ポイントを突破したようです。

「ポイント」と聞くとポイントゲッターの方は、何やらオトクなのかもしれない?と考えるかもしれません。

そこで楽天スーパーポイントを使えば節約できるのか検証してみます。

楽天ポイントとは?

楽天スーパーポイントとは、貯まる!使える!交換できる!便利なポイントサービスです。

貯まったポイントは、1ポイント1円として楽天のさまざまなサービスで利用することが出来ます。

出典:楽天ポイントクラブ

つまり累計1兆ポイント付与しているということは、楽天が1兆円の割引をしているということ。

1兆円の割引って・・・。

楽天のポイントシステムが始まったのは2002年からなので、15年間で1兆円の値引きとすれば、1年で660億円の値引き。

楽天恐るべし。

どうしたら集められるの?

楽天ポイントはどうやったら集められるのでしょうか?

ポイントの集め方はたくさんあります。

  • 楽天関連サービスで貯める
  • 楽天カードを使って貯める
  • 楽天銀行で貯める
  • 楽天モバイルで貯める
  • メール受信で貯める
  • メッセージアプリ「Viber」で貯める
  • 楽天FXで貯める
  • ふるさと納税でためる。

楽天ポイントを貯める方法は山のようにある。

知らないうちに楽天ポイントが貯まっているかもしれません。

関連記事:楽天ポイントの集め方

楽天ポイントは節約に向いているのか?

楽天ポイントは1ポイント1円で使える便利なポイントです。

ポイントを沢山集めれば、節約になる。と考えるかもしれませんが、そうでもない。

ポイントを集めることを考えてしまうと、自分が利用できるサービスが限定されてしまう。

例えば、楽天とAmazonで同じ商品が売っていて価格が違うということは結構あります。

その時にポイントが貰えるからと言って、わざわざ高い楽天で購入していると無駄に高いお金を払うことになってしまいます。

大切なことは、苦労を掛けずに最安値で購入すること

まとめ

いかがだったでしょうか。

楽天スーパーポイントの付与累計が1兆ポイントを超えたというニュースをご案内しました。

節約のためにポイントを集めている方もいると思います。

ポイントを集めることが目標になって、高いお金を払っていませんよね。

けれども、上手に利用すればポイントサービスは強力な節約手段。

損得をしっかり考えて集めましょう。