格安携帯のDMMモバイルでお世話になっているDMM.comが競馬業界に参入するようです。
「DMMドリームクラブ」で競走馬を所有し、一万円から出資できる馬主アプリをリリース予定らしい。

その名も

「DMMバヌーシー」

わかりやすい!

僕はダービスタリオンというゲームで競馬について詳しくなりました。

いつかは馬主!という夢も密かに持っていた頃もありました。

馬主になる条件

馬主になる条件は、中央競馬と地方競馬で違っています。

 

中央競馬 地方競馬
個人馬主 今後も継続的に得られる見込みのある所得金額が、過去2年いずれも1,700万円以上あること。

資産の額が7,500万円以上あること。

年間の所得金額が原則500万円以上であること。
法人馬主 資本金または資産の額が1,000万円以上であること。

資産の額が7,500万円以上であること。

資本金(払込済額)が300万円以上であること。
組合馬主 組合全員で今後も継続的に得られる見込みのある所得金額が、過去2年間いずれも900万円以上であること。

組合財産として1,000万円以上の貯蓄金があること

組合名義で300万円いじょうの定期預金があること。

組合員各々の年間所得が300万円以上であること。

こうやって見ると、中央競馬で馬主になるためには相当の資産を持っている必要がありますね。

キタサンブラックの馬主である北島三郎はやはり相当の資産家ですね(笑)

DMMバヌーシーがリリースされたら、一口馬主になってみたいと思います。