エアコンのフィルターを掃除して電気代を節約する方法




いよいよ今年も夏がやってきました。

30度を超えてくると、エアコンをフル稼働しますよね。

快適な室内と引き換えに気になるのが電気代。

エアコンのフィルターを掃除すればエアコンのパワーも上がって、電気代を節約することが出来ます。

今回はエアコンの掃除の方法をご紹介。

エアコン掃除の手順

最初に掃除機をかける

エアコン本体のカバーを外してから、最初にすることは掃除機をかけることです。

エアコンのフィルターには相当な量のホコリが溜まっているので、掃除機をあらかじめかけておくとホコリが落ちることを防げます。

定期的にエアコンのフィルターを掃除していればホコリが溜まっていないので、この工程を省いても大丈夫。

フィルターを外す

エアコンからフィルターを外します。

エアコンの種類によって細かい違いはありますが、大抵はエアコンのカバーを外すと簡単にフィルターを外すことが出来ます。

フィルターは柔らかいプラスチックで出来ているので、無理な力を加えずに丁寧に外しましょう。

フィルターを床において掃除機をかける

エアコンからフィルターを外したら、床において丁寧に掃除機を掛けましょう。

注意点はフィルターの外側から掃除機をかけることです。

フィルターには表と裏があります。

ホコリがたくさんついている方が表です。

間違って裏から吸い込むと、フィルターが目詰りしてしまうので、しっかりと確認してください。

フィルターを水洗いする

ホコリを掃除機で吸い取ったら、次は水洗いをします。

フィルターの表裏を確認して、裏から表に向かう方向でシャワーをかけます。

細かなホコリまでキレイに洗い流すことが出来ます。

汚れがひどい場合は洗剤とブラシを使う

水洗いをしても、汚れが落ちない場合は、洗剤とブラシを使います。

台所用洗剤と歯ブラシを使うと頑固な汚れも簡単に洗い流すことが出来ます。

陰干しをして乾燥させる

水洗いが終わった後は、陰干しで乾燥させます。

水分が残った状態で、取り付けるとエアコン内部にカビが生える原因になります。

しっかりを乾燥させてください。

エアコンのフィルター掃除の注意点

力任せに掃除しない

エアコンのフィルターはとても細かい網目で出来ています。

力任せに掃除すると、この網目が潰れたり、破れて壊れてしまいます。

壊れたフィルターを使っていると、エアコン内部にホコリが侵入するので、エアコンの寿命を縮める原因になります。

フィルターの表と裏を確認する

フィルターには表と裏があります。

空気は表面から入って、裏面に流れます。

ホコリは表面についているので簡単に区別がつきます。

間違った方向から掃除をするとフィルターの内部にホコリを押し込むことになり、フィルターの性能を大きく低下させるので、ご注意してください。

掃除の頻度は月に一回

エアコンのパワーを持続するためには定期的な掃除がおすすめです。

月に一度の掃除のフィルター掃除をオススメします。

まとめ

エアコンのフィルター掃除は10分で終わる簡単な作業です。

フィルターをキレイに維持すればエアコンのパワーも効率的に使えます。

電気代の節約につながるので、試してくださいね。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください