みなさん格安SIM使っていますか?

僕はスマホの契約をソフトバンクから格安SIMのDMMモバイルに変更して、毎月7000円以上の節約をしています。

格安SIMを契約する時に決めなきゃいけないことが、データ通信の容量です。

データ通信量が多すぎると、無駄なお金を払うことになるし。

データ通信量が少なすぎると月末に通信速度が激遅になる可能性もあるし。

実際、僕が使っている使用例をお見せしながら、最適な通信量をご紹介します。

外はスマホ。家はWifi。

スマホのデータ通信はどんなときに使いますか?

我が家ではWifiを導入しているので、スマホで通信する時は外にいるときだけです。

僕はパズドラを辞めたので、外ではほとんどスマホを触りません。

 

使うとすれば、歩いている時に「Google map」を開いたり、ちょっとした待ち時間に「まとめサイト」を見たりするだけです。

  • 関連記事:【1ヶ月経過】パズドラを辞めて1ヶ月が過ぎて感じた感想
  • 関連記事:パズドラ歴5年以上の僕がパズドラを辞めると、メリットしかなかった話

Youtube動画はスマホ内に保存する。

一週間の生活の中で、スマホを一番触っている時間はトレーニングジムにいるときです。

運動の合間や、ストレッチの時間に動画を見たり音楽を聞いたりしています。

Youtubeって実はものすごくデータ通信量を使いますが、工夫次第では使用量を「0」にすることが出来ます。

その方法は、Wifiを使って動画をスマホ内に保存して、外では再生しかしないというやり方。

この方法を使えば、スマホ内にある動画を再生するだけなので、データ通信量はゼロになります。

1ヶ月のデータ通信量は0.9GB

データ通信量の節約はしていませんが、2017年6月の僕のデータ通信量は0.90GB

今のDMMモバイルの契約しているデータ通信量は2GBなので、毎月1GB以上余っていることになります。

  • 関連記事:格安SIMの最適なデータ容量は?契約を見直してスマホ代の節約を!

余った分は翌日繰越出来る

余った分のデータ通信量はどうなるかというと、DMMモバイルでは翌月に繰り越すことが出来ます。

先月のデータ通信容量が1.3GB余っているので、今月は2GB+1.3GBで3.3GB使えることになります。

外出が急に増えたり、データ通信容量を使いすぎているようなときでも安心です。

結論は2Gで十分です。

家にWifiを導入している家庭では、2GBで十分です。

DMMモバイルの場合は2GBの契約は1,380円です。

諸経費と通話料を含めても3,000円を超えることは少ないです。

今使っているスマホのデータ使用量を確認すれば、節約することが出来ると思います。

  • 関連記事:格安SIMの最適なデータ容量は?契約を見直してスマホ代の節約を!
  • 関連記事:2017年6月の僕の格安SIMのスマホ料金は2,637円
  • 関連記事:2017年5月の僕の格安SIMのスマホ料金は2,885円