子供が産まれると、家事のためのまとまった時間がなかなか取れません。

もっとゆっくり暮らしたい。

そんな想いとは裏腹に、子供は今日も元気に泣いています。

よし!子供が寝た今こそ掃除の時間だ!

掃除機「ガー。ガー。」

子供「・・・。・・・う。。。うわーーーん」

よくありませんか?

子供がねたスキマ時間に掃除しようと思っていたのに、掃除機の音で子供が起きてしまいますよね。

そんなときは、ほうきを使った掃除が便利です。

我が家が購入したほうき。

我が家では長柄のほうきを購入しました。

両手持ちで立ったままの姿勢で使えるので、とても姿勢が楽です。

使いやすいので、とても気に入っています。

ほうき掃除のメリット

音が圧倒的に静か

ほうきは音がほとんどしません。

フローリングとほうきの「サッ。サッ。サッ。」という摩擦音だけ。

これで、子供が寝ているときでも掃除をすることが出来ます。

子供が寝ている時に掃除をすることがおおい我が家では、とても助かっています。

音が出ないので、夜でもいつでも時間にしばられることなく掃除をすることが出来ます。

電気を使わない

ほうきは電気を使わないので、節電・節約できます。

我が家では電気の節約は行動の割に結果が少ないので、節電しないことにしています。

しかし、電気を使わないので、面倒なコンセントの抜き差しも必要ありません。

掃除機を使うと、部屋ごとにコンセントを抜き差しすることって結構めんどくさいですよね?

コンセントの呪縛から解放されました!

片付けの場所に困らない

掃除機とホースが一体型になったゾウさんタイプの掃除機が一般的だと思います。

あれって、結構収納スペース使いますよね?

押し入れに収納するのも大変だし、取り出すことも大変。

しかし、ほうきだとフックに引っ掛けるだけで収納できます。

5センチの隙間があればOK。

  • 関連記事:収納術より処分術。捨てることを優先すれば部屋が広くなる

3人家族で賃貸暮らしなら掃除機はいらないという結論

部屋をキレイに保つためには、毎日の掃除は欠かせません。

けれども、掃除って家事の中でもトップ3に入るくらいの重労働。

それは、掃除機を使っているからではありませんか?

掃除機からほうきに装備を変えるだけで、掃除の負担も小さくなります。

 

我が家ではほうきを使って掃除をするようになってからは、掃除にかける時間がかなり短くなりました。

3LDKの我が家の場合は掃除の時間は10分以内です。

廊下も、居間も、寝室もほうきで掃除。

カーペットもフローリングも畳もほうきで掃除。

日々の家事の負担を減らすことも、シンプルライフに近づく大切な手段です。

  • 関連記事:ほうきを使った掃除が便利。赤ちゃんが産まれたらほうきをおすすめ