ただ闇雲に「お金を貯めたい!」と思っていた20代よりも、「お金を使って実現したいこと」を考える30代の今のほうが、お金が貯まる体質になったと感じています。

自分にとって価値を感じるものだけにお金を使うことで、使い方・貯め方にメリハリが出てきました。

お金が貯まらない理由

単に「お金をためたい」と思っている段階では、とにかく安いものを選びがち。

値段はたしかに判断しやすい基準のひとつです。

例えば、外食に行った時に、本当に食べたいものがあるのに「高いから」と諦め、「安いから」という理由で別のモノを選ぶ。

そして、別の日に「この前我慢したから、自分へのご褒美」という甘い理由で、無駄なものを買ってしまう。

こういったパターンってあり・・・すよね?

お金が貯まるようになるには

  • 食べたいものを食べる。
  • 行きたいところに旅行する。
  • 一番欲しいものにお金を使う。

その代わりに、その前後は一切お金を使わない。

ダラダラお金を使うのではなく、一気にドバッと集中してお金を使う。

「お金がない」「時間がない」という言い訳から離れて本心に正直に向き合うことが大事。

「価格」ではなく、「価値」はあるのか?

その都度、満足度を上げることが無駄な出費の予防になります。

僕のお金持ちの知人は典型的なこのタイプ。

一緒に買物や食事に行っても、「後悔がないように今やりたい事をやりきる!」と欲望に忠実です。

普段は徹底的に節約して、使う時に使う。

人に対してもケチじゃないし、お金の使い方も気持ちいい。

そんな人って周りから見ていても素敵だな!と思います。

全部実現することが難しいとき

予算的にすべて叶えることが難しいときも出てきます。

例えば、ヨーロッパに行って、5つ星ホテルに泊まりたい。あれが食べたい。ココに行きたいなど。

いろんな希望が出てきます。

その場合は、

  • 自分が絶対ぜったい実現したいことは何だろう?
  • 妥協できることはどこまでか?

と考えます。

叶えたいことと他のコスト削減などで出費にメリハリをつけるのがポイントです。

優先順位・価値観の序列をしっかりとつけましょう。

自分が価値を感じるものだけにお金を使う。

そうすると心も体も満たされます。

お金を使わないところを意識する。

  • コンビニのお茶
  • ビニール傘

この2点だけは買いません。

水筒を持参するだけで年間5万円以上の節約ができます。

  • 関連記事:水筒を持つことを習慣にすると、年間5万円以上の節約に

逆に僕は静かでオシャレなお店でコーヒーを飲むことがあります。

そういう積み重ねで価値観の経験値を磨いていけば、自然と満足するお金の使い方がわかり、お金が貯まる体質になっていくことでしょう。