お金のことはなるべく知っておきたいな、ではなくこれからは知っておかなければいけないことになりました。

それは、食費の節約の話でも積立貯金の話でもない。

僕も昔は底からスタートしましたが、今では一歩二歩すすんだ本当のお金のことを学んでいます。

お金のことを学ぶ時代になりました。

なぜお金のことを学ばないといけないのでしょうか?

ズバリ!

何も考えずに生活している限り、今のサラリーマンは破綻する。

と言われるくらい今の日本の現実は厳しいからです。

よくきくおな話ですが、日本は借金だらけ。

それがどれくらいヒドいかというと、

毎月37万円のお給料で、支出が毎月92万円

ヒドい。

ヒドすぎる家計だ。

収入の倍以上のお金を使い、その借金を国際でまかなっている。そんな国の財政の中で僕たちは生きています

本当に消費税が20%とかありえます。年金も足りない分は20代30代のうちからコツコツを用意しておく必要があります。

なぜなら、僕たちは親世代よりも何千万円も受け取るお金が少ない世代です。

このことを考えて、我が家では暮らしが大きくならないことも意識してシンプルライフをしています。

今読んでいる20代で知っておきたいお金のことの中でも早めに行動しておかないと将来経済的に困ることになることがよくわかります。

お金と向き合うことで、今するべき暮らし方が見えてくる

本当のお金のことって、自分で調べないと知ることが出来ません。

  • 今、家を買っていいのか?
  • この保険でいいのか?
  • そもそも保険って必要なのか?
  • 貯金だけでいいのか?
  • 貯金だけで足りるのか?
  • 年金は一体どうなるのか?

こういうこと、考えたことありますか?

私も20代の頃はまったく考えていませんでしたが、30代になると世の中のいろんなことが分かるようになってきました。

そうなってくると、貯金も投資も欠かさずするようになりました。

自分たちの身の丈にあった暮らし方をして、取り入れていくようになりました。

お金の知識をつけて、1つずつ実行する。

でも、こういったお金のことって難しいと思いがち

現実的な数字を見てついつい後回しにしてしまうことがあります。

実際にはこういった本は、とてもわかりやすく書いてあるので素人の僕でも理解できました。

そして本に書いてることを一つ一つ実行して、今は暮らしを小さくゆとりを持ちながら資産も作りつつ、投資も積極的に出来るようになりました。

お金のことが書いてある本はたくさんありますが、共通点も多いです。

ですから興味のある本を2〜3冊読むと十分です。

そうすれば、今やるべき家計との付き合い方もしっかり見えてきます。