我が家では、自分たちが働くだけでなくて自分たちのお金にも働いてもらっています。

つまり投資をしています。

けれども、世の中には投資の利益に対して、

汚いお金だと思っている人が意外に多いことです。

お金に働いてもらうことって悪いこと?

これが銀行にお金を預けて、利息をもらうのなら汚いと思う人はいないでしょう。

でも、投資のことになると「ズルいことをしている」と思う人が一気に増えます。

これはまったくの誤解です。

投資をしている人は、自分でちゃんと投資先を選びそしてリスクを取って、お金に働いてもらってきています。

しかも投資しているお金は株などを通して社会に貢献します。

世の中にちゃんと貢献しながら、お金が仕事をしています。

何も悪いことはありません。

ここが投資のイメージの悪さなのかもしれません。

こういった誤解を持っているといつまでたっても自分のお金を上手く運用することは出来ません。

自分だけでなく、自分のお金も働いてくれる。

これが効率よく資産を増やす方法なんです。

我が家のお金は、世界経済の流れで育っています

僕はNISA口座を利用して投資信託で投資をしています。

社会に役立つために投資をする。

そういう理念を持っています。

誰かが負けた。誰かが損した。

そんなイメージの中で投資を遠ざけてしまうと資産を上手に増やすチャンスを逃してしまうのでしょう。

これはもったいないなと思うんです。

本当の投資とは、自分も周りも幸せにしてくれるものであること。

この考えが根底にあるから、自分も周りも幸せにしてくれる。

これからも投資を良いものとして続けていくために、ゆっくりと育てるお金の働き方を心がけて運用していきます。