モノを捨てるとお金が溜まっていく理由。それは無駄を省いたシンプルライフです




モノを減らすとお金が貯まる。

よく耳に聞くフレーズではないでしょうか?

モノを減らすとお金が貯まる理由

  • 自分の本当に欲しいものがわかる
  • 無駄なものにお金をかけなくなる
  • モノを探す時間がなくなる
  • 賞味期限切れや二重購入を防げる
  • 良いものを長く使うことが出来る

それでもお金が貯まらないことがあるかもしれません。

それは、質の良いものを手に入れようと高いものを購入する場合です。

でも、それは短期的に見ているから。

長い目で見れば、いいものを長く使うことはお金が貯まる第一歩だと僕は思います。

一つ一つ納得して買い物をするとモノの満足度があがり、「大切に使おう」という気持ちでモノを使います。

そして、その場しのぎの無駄な買い物をしなくなり、無駄遣いしにくい仕組みが自然と出来上がります。

お金が貯まるとモノが減る理由

貯金が少なかった頃と今を比較すると、家の中のモノが随分と少なくなった気がします。

それと同時に、モノへの執着心や依存度が低くなってきました。

その理由は、これを手放してもまた必要があれば購入することが出来ると思うからです。

モノを捨てられない=また手に入れることが出来ない不安

この心理がモノへの執着心を強いものにします。

その時、貯金はひとつの安心材料になります。

お金があればまた買うことが出来る。

だからといって、「ふあんだなぁ。」とお金を溜め込んでいては、不安が尽きることはありません。

使ってもまた入ってくるという実体験を通して、お金はめぐるものという感覚を覚えることが大切です。

まとめ。

 

お金とモノは不安や安心と関係しています。

モノが捨てられない。お金が貯まらない。

そんな時は、

  • なぜモノが捨てられないのか
  • どうしたら捨てらるのか?

捨てることでどんなメリットがあるのか?

一度自分と向き合ってみましょう。

言い訳せずにやってみた人だけが、

「なるほど。そういうことか」とお金とモノの関係に気がつくことが出来るはずです。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です