【処分術】捨てられない洋服を断舎離する判断基準




断捨離の時に難しいのが洋服の処分ではないでしょうか。

捨てられない洋服を上手く断舎離したいですよね。

洋服をしっかりと断捨離することができると、シンプルライフをとして大きく前進します。

ではどうやったら、洋服を上手く捨てることが出来るのでしょうか。

捨てられない洋服を上手く捨てる方法をご紹介します。

捨てられない洋服を上手に断捨離する方法

1年間着なかった服は処分

真っ先に捨てるべき服は一年間着なかった洋服です。

もしかしたら今年着るかも?と、思うかもしれませんが今年も着ることはありません。

1年間着なかった理由は、洋服の好みや年齢が変わったからです。

処分してもきっと直ぐに忘れます。

いますぐ処分しましょう。

思い入れがない洋服は処分

あなたが洋服を買った動機はなんですか?

きっと何かトキメキを感じたからではないでしょうか。

  • 「これカワイイ!」
  • 「これカッコイイ!」

こんな気持があったからこそ購入したと思います。

ですが、今クローゼットの中でしまいっぱなしの洋服はどうでしょうか。

  • とりあえず、ユニクロでいいや。
  • 着ることができればなんでもいいや。

と思って購入したものでは無いでしょうか。

  • その洋服は、あなたをワクワクさせてくれますか?
  • その洋服は、あなたの気持ちを高めてくれますか?

洋服を来ても何も感じなくなったものは今後も着る可能性はありません。

迷わず処分しましょう。

似たような洋服はひとつに

クローゼットの中の洋服をよく見ると、同じような洋服ありませんか?

人はどうしても似たようなモノを選ぶ傾向があるようです。

「類は友を呼ぶ」

と言われるように、自分と共通していることに安心感を抱くからです。

安心していられるもののそばにいたいというのは、人の本能のようです。

なので、洋服も自然と似たようなデザインや色が集まってきます。

似たような洋服ばかり集めても、着なければ意味がありません。

一番お気に入りだけを残して残りは処分しましょう。

着れない洋服は処分

洋服を処分するとときの一番簡単な判断基準です。

洋服を着られなくなる理由はたくさんあります。

  • 年齢が変わった
  • 体型が変わった
  • 趣味が変わった
  • 洋服が傷んでいる

こんな理由で着られなくなった洋服は処分しましょう。

洋服は定期的に見直して処分しましょう。

いかがだったでしょうか。

洋服を捨てることは断捨利する上で大きな悩みですよね。

しかし、洋服はあなたの気分を変えるものでもあると同時にあなたを印象付けるものです。

あなたのイメージに合わない服や派手な服、ボロボロな洋服を着ていれば人にどんな印象を与えるでしょうか?

ダサい。
みすぼらしい。

ではないでしょうか。

洋服をしっかりと見直して断舎離することで、本当に必要な洋服が見えてきます。

クローゼットがスッキリするとシンプルライフに近づくだけでなく、運気もアップします。

定期的に洋服を見直しましょう

 

 







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です