モノの少ない暮らしをしていると、収納の相談を受けることがあります。

どうやら、我が家は収納上手だとおもわれているようです。

僕は特に収納が上手なわけではありません。

むしろ収納が苦手だから最小限のモノで暮らしています。

この理由・・・わかりますか?

片付けているというより、モノが少ないだけです

僕は今、モノが少ない生活をしていますが、昔からモノが少ない生活が出来ていたわけではありません。

モノに溢れた生活も経験しているので、モノの少ない生活との違いがハッキリわかることがあります。

それはモノが少ないこと!

モノが少ないと収納で悩むことがありません。

押し入れもスカスカなので、ゆとりを持ってモノをしまうことが出来ます。

よくパズルのようにクローゼットを収納している方もいますが、僕はあんなことは出来ません。

もしかすると収納上手な方のほうが、モノを溜め込んでします傾向にあるのかもしれません。

モノを減らせば、部屋は自然にスッキリします。

そんなに収納スペースが広くなくても、困ることも減っていきます。

部屋の片付けを成功させる大きなポイントは、モノをどれだけ減らせるかにかかっていると言っても過言ではありません。

大げさに思えるかもしれませんが、それくらいモノの量を収納することは手間がかかるし難しいということです。

モノを捨てることのほうが簡単

捨てることは勇気が入ります。

「もしかすると使うかもしれないし・・・」

わかりますよ。

いまあるモノを収納することにずっとこだわり続けているといつまでたっても片付けに追われる暮らしになりませんか?

多くの収納術を見て、あなたの悩みは解決しましたか?もう一度問いかけてみましょう。

整理整頓収納を成功させるためには、「モノを整理する=不要なモノを捨てる。」ということだと今は感じています。

捨てることで大きな問題も解決し、自分の生活が身軽で快適に変わっていくことを実感できます。

どうやって収納しよう。

それは、抱え込んだものを手放す1つのサイン。

僕もそう感じながら収納術より処分術を磨きながらスッキリと暮らしています。