どーも。tamaです。

保険の見直ししていますか?

保険は万が一のリスクに備えるものなので、子供が産まれたばかりの僕のような家庭はぜひ入りたいもの。

家族構成が変わったので、保険見直しをすることに

見直すきっかけになったキッカケから効果を紹介します。

低解約返戻金型終身保険を見直すきっかけ。

僕が入っている保険の中身

 

僕が入っている保険は損保ジャパン日本興亜ひまわり生命の低解約返戻金型終身保険です。

僕が死亡すると、設定した保険金額が一時金として妻に支払われます。

死亡しなかった場合は、解約返戻金として掛け金が返ってきます。

僕の場合は保険金額が200万円。

終身保険の払込期間は60歳。

毎月の掛金は4,320円です。

保険の知識がついてきた

子供が産まれた事をきっかけに、学資保険や生命保険について僕なりに勉強しました。

関連記事:子供が産まれたので学資保険について真剣に考えた結果、申込みを辞めた理由

知識がついてくると自分の保険に無駄があることがわかりました。

何のために入っている保険なのかわからなくなった。

低解約返戻金型終身保険は、僕が60歳までに死亡すれば200万円の一時金が出るし、60歳までに死亡しなかった場合は、お金が返ってくる保険です。

僕が死んだときの一時金の使用用途は葬儀費用

保険に入った時は、ノーリスクなら入ったほうがオトクだね!と思っていました。

死亡保険は貯金があれば入る必要はなし

貯金額が死亡保障額を超えた

死亡保障額は200万円。

そして、我が家の貯金は200万円を超えています。

貯金額>死亡保障額

すでに葬儀費用が確保できました。

じゃあ保険はいらないね!という結論になりました。

でも、死んだら200万円出るならオトクじゃん?

と妻にも言われましたが、そもそも60歳までに死亡する確率は10%以下。

死なないほうが多い。

でも、生きていたら掛け金が返ってくるならオトクじゃん?

とも、妻に言われました。

確かにお金は返ってきますが、お金の現在価値と将来価値は違うのじゃ!と言いました。

今日の100万円と100年後の100万円では価値が違います。

難しい説明もありますが、子供の学費や住宅購入の頭金にできると伝えるとわかってくれました。

結局保険は貯金がないときにリスクに備えるものなのです。

解約した効果

年間51,840円の節約

低解約返戻金型終身保険に毎月4,320円を払っていました。

その保険料が全て節約することができます。

年間では51,840円の節約。

節約した保険料はNISAで運用

節約できた保険料はどうなるのでしょうか?

お小遣い?

そんな馬鹿なことはしませんよ。

しっかりと運用します。

僕はNISA口座を持っているので、保険金として支払っていた4,320円を年利5%を目標に運用します。

  • 積立金額:4,320円
  • 想定利回り/年 5%
  • 試算結果:291万円
  • 投資金額:139万円
  • 利回り:209%

まとめ

低解約返戻金型終身保険を解約した経緯をご紹介しました。

保険を見直すキッカケは、僕自身に保険の知識がついてきたからです。

保険を解約するキッカケは、貯金額>死亡保障金額になったからです。

保険を解約した節約効果は年間51,840円

節約できたお金は、NISA口座で利回り5%で運用して、60歳になったときには209%のリターンで運用

大切なことは、保険は貯金がないときに入るものという考え方。

生命保険に5,000万円掛けていれば、貯金が5,000万円になれば解約していいでしょう。

みなさんも保険見直しをすることをオススメします。