【Amazon図書館化計画】Amazonマーケットプレイスを利用して書籍代を節約する方法




僕はアマゾンのヘビーユーザーです。

送料無料のAmazonプライム会員になっているので、送料を気にすることなく買い物ができています。

ベビー用品だけじゃなく本もたくさん買いますが、僕の書籍代はとても少額です。

1ヶ月に10冊読んでも、書籍代は500円とか

「え?それってどういうこと?」

今回は、Amazonを賢く利用して「Amazonを図書館のように利用する方法」をご紹介します

Amazonを図書館化する方法

Amazon図書館化計画のキモは、Amazonで買った本をAmazonで売却することです。

Amazonは中古で本を購入できます。

1,500円の本が500円だったり、ときには1円という超格安で購入できます

その本を同額か、少し安くして売却すれば実質の書籍代が安くなります。

(購入価格)1,000円−(売却価格)980円=(実質の書籍代)20円

Amazon図書館化計画の具体的な方法

Amazonマーケットプレイスに本を出品する方法

本の詳細ページを開くと、カートに入れるボタンの下に「マーケットプレイスに出品する」ボタンがあるので、このボタンを押してください。

出品するための画面に移動します。

このページでは、出品するために必要な情報を入力します。

商品のコンディション、説明、在庫数、価格を入力するだけ。簡単ですよね。

値付けは購入価格の1割引きか、最低販売価格よりも10円安いくらいにすると結構売れます。

全部入力が終われば、出品確認画面になります。

手数料などを差し引いた入金額合計が表示されるので、売上予測が立てやすいです。

これだけで出品完了です。

1分もあれば出品できてしまうほど簡単です!

商品が売れたら発送する方法

Amazonマーケットプレイスに出品した商品が売れたら、Amazonからメールが届きます。

「注文確定 – 商品を出荷してください」というタイトルです。

Amazonの出品者用の管理画面にログインすると「未出荷」の欄に注文数が記載されます。

そこを押すと次の画面に移動します。

未出荷の商品の詳細が表示されます。

商品を梱包して商品の発送準備を行います。

梱包が終わって、発送が完了すれば、出荷したことを相手に伝える必要があります

「出荷通知を送信」ボタンを押して、出荷通知が完了します。

無事に出荷通知が完了すると画面にメッセージが表示されます。

重要!発送コストを節約して利益を伸ばす

Amazonマーケットプレイスで出品する場合は、Amazonから「配送料」を送料として頂けます

発送する配送料を1円でも安くできれば、利益を伸ばすことが出来ます

発送方法はいくつかありますが、僕は「クリックポスト」をオススメします。

クリックポストを使えば、全国一律164円で発送することが出来ます。

Amazonマーケットプレイスへの出品が面倒な方へ

Amazonマーケットプレイスを利用してAmazonの図書館化計画の方法をご紹介しましたが、商品がたくさんありすぎて出品や発送が面倒に思う人もいますね。

そんな場合は、宅配買取サービスを使えばAmazonマーケットプレイスよりも簡単に売ることが出来ますよ

デメリットとしては、Amazonマーケットプレイスと比べると売却価格が安くなります。

まとめ

いかがだったでしょうか。

「Amazonの図書館化計画の方法」をご紹介しました。

Amazonで買った本を同額で売却すれば書籍代は送料だけになります。

本は本屋で新品を買うものだ!という常識をかえれば、書籍代を節約することが出来ますよ。

僕は読みたい本があったらまずはAmazonで中古を探す!という習慣が身についているので、超低価格で本を読むことが出来ています。

本をたくさん読む方は参考にしてくださいね。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です