はんこをプレゼントした購入した理由

今週はんこを使いましたか?

きっと使っていないよね。

僕も使っていません(笑)

それなのに、どうして子供に使わないはんこをプレゼントしたのか?

僕が子供に一生モノのはんこをプレゼントしたのは、銀行口座を開設するため。

ITが発達した現代社会でも、はんこはまだまだ必要。

そんなに使う機会がないからこそ、一生モノで長く使うことができるはんこをプレゼントしました。

はんこ選びで悩んだこと

シャチハタ以外のはんこを買うのは初めて

はんこの買い方も知らないので、ググるとたくさんの情報がありました。

作るはんこは「銀行印」と決めていたけど、それ以外で僕がはんこ選びで悩んだことをご紹介します。

はんこの素材

はんこの素材も色もたくさんありました。

  • オーソドックスな黒水牛
  • 植物系素材の薩摩本柘
  • メタリックなチタン
  • 古代を感じるマンモス牙
  • 最高級の琥珀

押せればいいと思っていたはんこでしたが、これだけたくさんの種類があると迷ってしまいます。

はんこの書体

次に悩んだのははんこを押したときの書体です。フォントのこと

  • 風水で使われる吉相体
  • 金印でも使われた篆書体
  • シンプルな古印体

※節約と書いてあります

自分の名前がハッキリ読めるはんこはなんとなくダサい。

かといって、どの書体がカッコイイのかもわかりませんでした。

はんこの選び方

はんこについて知れば知るほど悩みましたが、最終的に僕が選んだのは、

牛角(淡色)の吉相体 約6,000円

  • オーソドックスな黒色だとシンプルすぎる
  • 牛角だったら、耐久性がある
  • 色も淡色だとグラデーションが少しあるので、見た目もいい
  • 吉相体は風水に取り入れられる縁起のいい書体らしい

こんな理由です。

はんこを購入した方法

僕ははんこはネット通販で買いました。

ネット通販を利用すると自分の好きなはんこを作ることができることです。

はんこの素材もたくさんあるし、書体も好きなものを選ぶことが出来ます。

注文してから3日ほどで届きます。

まとめ

いかがだったでしょうか。

僕の子供へのはじめてのプレゼントは一生モノのはんこを送りました。

はんこはめったに使うものではありません。

そのため、長く保有することになります。

長く保有するものなので、安いものではなく一生モノとしてつかえるはんこをプレゼントしました。

子供のはんこを購入する方は参考にしてくださいね。