新生活ではじめに悩んだお金の問題

僕が新婚の時に初めに悩んだことが「お金の問題」です。
結婚をキッカケに妻は仕事を辞めて、嫁いできたのでしばらくは僕の収入だけで家計をやりくりする必要がありました。そこで問題になってきたことが、家計のお金の管理をどうするかということでした。
僕の給料の振込口座だけで生活費をやりくりすると、お金の管理が乱雑になることはなんとなくわかっていました。お金の切れ目が縁の切れ目と言うように、お金周りをキレイにしておくことは生活を豊かにすることにつながると考えていました。
二人の新生活の始まりなので、お金周りもキレイにしようと考えました。

目標はお金の流れがわかりやすい口座システムにすること。

僕は貯金が好きです。いつの間にか貯金通帳の残高が増えていることに幸せを感じます。独身の頃は、自分が稼いできたお金は全て自分で管理するので、お金の流れが分かりやすい状態でした。
結婚して、二人の生活になると生活費や保険、車などいろんな出費が出てきます。出費を明確に把握するために、それぞれ用途別の銀行口座を用意して、お金の流れを明確にすることにしました。お金の流れをハッキリとさせて、家計管理する仕組みを作ることにしました。
そこでおすすめは、「生活費口座」「クレジットカード引き落とし用の口座」「貯金用口座」「投資用口座」の4つの口座を作ることです。

家計管理が簡単になる4つの口座をの目的とは?

口座1:生活費口座

食費、住居費、保険、水道光熱費など生活するために、毎月必要なお金を入金するための口座です。
住居費や保険は固定費で毎月変動しませんが、食費や水道光熱費は変動費のため、毎月変わります。食費をいくらでやりくりするのか、夫婦で話し合って決めることで、毎月の生活にかかるお金を把握することが出来ます。
この口座は、毎月妻がATMで出金しています。4つの口座の中で、最も多く入出金のある口座になります。

口座2:クレジットカード引き落とし用の口座

夫婦で使うクレジットカードの引き落とし口座にします。
残高不足にならないように、あらかじめ入金しておきましょう。
例えばamazonでネット通販を利用した時には、大半の方がクレジットカードから引き落とすと思います。自分で使う私物ならいいのですが、家族で使うものを購入した時に引き落とし口座を自分の口座から引き落とすと面倒なことになります。夫婦で使うクレジットカードを用意して、引き落とし口座にしましょう。

口座3:貯金用口座

夫婦でお金を貯めるための口座です。
毎月の給料の振込と同時に、貯蓄分は先取りで入金することで、無理なく貯金をすることが出来ます。この口座のお金の使用目的は、冠婚葬祭や車の保険など、大型出費用です。一年以内に使う可能性がある場合はこの貯金用口座に入金しましょう。

口座4:投資用口座

資産運用を目的とした口座です。
この口座の中のお金は、基本的には使ってはいけません。使う可能性のないお金はこの口座に入金することで、確実にお金を貯めることが出来ます。まとまったお金になると、投資信託や定期預金などに活用し、資産運用すると良いでしょう。

4つの口座の運用方法

振込ではなく、手数料のかからない振替を行いましょう。

入金作業で最も避けたいことは、振込手数料の発生です。自分のお金の入出金なのに、お金を取られることは本当に嫌です。
そこで「振替」の利用をオススメします。
「振込」には手数料がかかりますが、「振替」には手数料がかかりません。振替を利用するためには、同一銀行で同一支店内に口座を保つ必要があります。口座を作る際は、検討してください。

「振込」とは?

「振込」とは他の銀行の口座や同じ銀行でも別の支店にある口座などへの資金移動のことを言います。
本人名義の口座であったとしても、他行や他支店への口座に送金する場合は振込を行うことになります。振込には通常、手数料がかかります。

「振替」とは?

振替とは同一銀行同一支店内の口座間での資金移動のことを言います。
本人名義の別口座への送金(移し替え)の手段として用いられる方法です。振替に手数料はかかりません。

毎月決まった日にまとめて振込処理を行いましょう。

我が家では毎月1日にそれぞれの口座に入金作業を行います。
今ではATMに行かずに、ネットで入金作業ができるのでとてもラクチンです。作業時間は5分もかかりません。毎月決まった日に作業を行うことで、先月のお金の入出金状況を把握することが出来ます。

それでも面倒な人は、自動引落サービスを利用しましょう。

毎月たった5分の入金作業ですが、面倒な人もいるでしょう。
そんな時は、自動引落サービスを利用しましょう。
使える金融機関は限られてきますが、毎月決まった日に決められた金額を自動的に移動できる便利な機能です。注意事項としては、このサービスには手数料がかかってしまうことです。我が家では、無駄な出費を少しでも削るため手動で資金移動をしています。

大切なことは、長く続けて、毎月振り返ること

我が家でもこの4つの口座を使って家計を管理しています。毎月の入金作業時に妻とお金について話しています。「貯金が貯まってきたねぇ」「そろそろ投資も考えようか」「生活費が3,000円もあまったから、外食しようか」など、色んな話をして楽しいです。
お金のことを積極的に話したい人は少ないと思いますが、生活するためにはお金のことは避けることは出来ません。長く続けて、お金を振り返ることでキチンとした家計管理をすることが出来るようになります。

まとめ。

いかがでしたでしょうか。家計の管理を簡単にして、簡単にお金が貯まる家計管理方法をご紹介しました。
生活費口座」「クレジットカード引き落とし用の口座」「貯金用口座」「投資用口座」の4つの口座を作ることで、家計管理が簡単になり、お金の流れも分かりやすくなります。銀行に行くだけで、簡単に口座を開設することが出来ます。
現在、どんぶり勘定で家計をやりくりしている家庭は参考にしてください。