5000円以下で購入できるJINRANのドライブレコーダーが超おすすめ




つけていますかドライブレコーダー?

最近では少しづつドライブレコーダーをつける人も増えてきたと思います。

 

ドライブレコーダーは事故などのもしもの時が起こった時、
その瞬間を映像で残してくれる便利な道具です。

映像が残っていれば自分に非がないことを説明できます。

 

便利なドライブレコーダーをぜひ取り付けましょう!

 

と入っても、オートバックスやジェームスなどのお店に行くと
ドライブレコーダーの種類がかなりたくさんあることに驚きます。

数千円から購入できるドライブレコーダーや
2万円を超えるドライブレコーダーなど
たくさんの種類があって、簡単には選べません。

 

機能も価格もバラバラなので、どれを選べばいいのか不安。

 

子どもが産まれたことをきっかけに車をソリオに乗り換えた時に、
5,000円以下で購入できるJINRANの格安のドライブレコーダーを車に取り付けました。

 

その時の感想を記事にします。

 

結果を言うと、ドライブレコーダーは5,000円以下の格安のもので十分です。

数万円のドライブレコーダーははっきり言ってムダです。

 

こんなことやおすすめのドライブレコーダーについて書きました。

これから、ドライブレコーダーを購入している方や選び方で迷っている方はぜひ読んでみてくださいね。

ドライブレコーダーを購入したきっかけ

子供が産まれたので、車をソリオに乗り換えましたので、
ドライブレコーダーを取り付けることにしました。

 

ドライブレコーダーには車購入のかなり前からその存在は知っていました。

「調べるのが面倒くさい」

こんな自堕落なことを言い訳に、購入しなかったのですが、
新車購入を気にドライブレコーダーを購入しました

事故になった時や、いたずらをされた時に揉めたくないからね。

購入したドライブレコーダー

ファーストキスならぬ、ファーストドラレコはこれ

僕は3,999円のJINRANドライブレコーダーを購入しました。

Amazonプライム会員になっているので、安く購入することが出来ました

購入した決め手は、なんといっても価格です。

 

ドライブレコーダーはもしものときの保険のようなものなので、必要以上に高性能なモノはいりません。

ちゃんと画像が綺麗に録画ができて、事故の時の証拠に使える性能があれば十分。

JINRANなんてメーカーも聞いたことがないけど、Amazonの口コミも悪くないし、見た目も悪くない。

機能的にいいところも無いし、カッコイイわけでもない。

ザ・無難。

まぁこれで3,999円なら「買い」一択でしょう!


ドライブレコーダーには録画用のマイクロSDカードが必要

ドライブレコーダーにはマイクロSDが必要。

ドライブレコーダーの映像を常にマイクロSDに録画してくれます。容量がいっぱいになったら古いものから勝手に上書きされます。

つまりマイクロSDがなければ、ドライブレコーダーは単なるカメラです。

 

Amazonで「マイクロSDカード」と検索するとベストセラーとして出てきたこちら。

Amazonプライム会員になっているので割引されて1,680円で購入しました。

容量は32G

どれくらい録画されるかわからなかったので、とりあえず容量を大きなものを購入。

追記:2017年10月21日

マイクロSDは32GBのモノを購入しましたが、
実際はこんなに大容量のモノは必要ありませんでした。

ドライブレコーダーに使うマイクロSDは16GBで十分足ります

使ってみた感想

ソリオに取り付けて、実際に使用しているのでその感想をまとめます。

たった5分で簡単に取付可能

車にドライブレコーダーを取り付けるのって、なんだか難しそう

と僕も思っていました。

 

実際に取り付けてみるととても簡単でした。

ドライブレコーダーにはフロントガラスに取り付けるための吸盤がついているので、
「ピタッ」と簡単に取り付けられます。

 

配線はフロントガラスと天井の間の隙間に爪を立てて、
「クイッ」とすれば簡単に押し込むことができます。

 

ドライブレコーダーの電源は、車についているシガーソケットから給電します。

JINRANのドライブレコーダーの配線が長いので、
余った線はクルクルと丸くまとめて、助手席のダッシュボードの裏に貼り付けました。

画像はとてもきれい

5,000円以下の安いドライブレコーダーだとが解像度や機能面に不安?と、僕も思っていました。

実際に使ってみると映像はキレイ

前を走る車のナンバーもしっかりと確認できました。

暗くなれば自動的に夜間モードになって明るく撮影できる。

追記:2017年10月21日 夜間モードは運転しにくい

夜間モードになるとJINRANのドライブレコーダーについている白色LEDが点灯します。

LEDがついているとフロントガラスが白くなって、運転がしにくいです。

僕は夜間モードはオフにして使用しています。

視界に入らないので運転の邪魔にならない

僕はソリオのルームミラーの背後に取り付けました。

もう少し上部が良かったけど、この黒い部分は粘着力が弱く、くっつけていると落ちてきました(笑)

ソリオはフロントガラスが大きいので、視界のかなり上にドライブレコーダーが付くことになります。

視界に入らないので、運転中に視界が遮られることもない

いざという時の安心感を手に入れました

ドラレコが録画しているので、万が一事故になっても大丈夫という安心感が出てきました。

事故をもらっても、相手が理不尽なことを言ってきても自分がしっかりと安全運転をしていれば揉めることはありません。

当て逃げのリスクが下がった

自分がどれだけ注意を払って運転をしていても、相手から事故をもらうこともあります。

後ろからの追突や、無理な追い越しなど交通事故は本当に怖い。

 

その中でも当て逃げはかなり悪質。

当て逃げをする人は当てた瞬間に逃げることが出来るから逃げるわけで、ドライブレコーダーがついていればナンバーをしっかりと録画できています。

僕はまだ当て逃げをされたことはありませんが、きっと当てられても逃げる人は少ないと思います。

ドライブレコーダーを取り付けることで当て逃げされるリスクが低下したと思います。


5,000円以下のおすすめのドライブレコーダー

ドライブレコーダーにはたくさんの種類があって、値段もバラバラです。

僕は今回は最低限の機能を求めて格安のJINRANのドライブレコーダーを購入しました。

結果としては、大満足。

数万円を掛けてドライブレコーダーを買う必要はまったくありません。

ドライブレコーダーは5,000円以下で購入することをオススメします。

そこで、5,000円以下で購入できるおすすめのドライブレコーダーを紹介します。

JINRAN社 ドライブレコーダー

僕が購入したドラレコです。

その場で直ぐに映像を確認することが出来て便利です。

最もおすすめします

PathingTek社 ドライブレコーダー

妻の軽自動車のために購入したドラレコ。

値段が2,000円台と安い。画像も機能も問題ありません。

プッシュ音がやや割れているような感じがしたけど、プッシュ音をオフにすれば問題ないです。

セカンドカーに最適

JINRAN社 ドライブレコーダー その2

購入したドラレコと最後まで悩みました。

特徴は丸みのある形。僕が使っているものと中身は同じのようなので、丸い形が好きな人はこちらをオススメします。

TOGUARD社 ドライブレコーダー

16GBのメモリー付き。

購入してすぐに使うことが出来ます。

まとめ。

いかがだったでしょうか。

世の中には数千円から数万円台といろんなドライブレコーダーがあるけど、5,000円以下の安いドラレコでも十分ということがわかったと思います。

5,000円以下でも機能も十分です。

ドラレコの購入を考えている方は参考にしてくださいね。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください