貯金と投資。どっちがお金が貯まりやすか調査しました。




将来使えるお金を増やすために、日頃からお金を節約して、コツコツと貯金しています。

貯まれば貯まるほど、自分の預金残高が増えていきます。

でも、このお金そのままにしておいていいの?

定期預金に加入していたりすれば、金利によってお金は増えていきます。

しかし、この金利はかなり低いので、それほど金額が増えません。

では、貯めたお金はどうすれば増やすことが出来るのでしょうか。

それは、投資です。

投資と貯金どっちがお金が貯まりやすいか調査したのでご報告します。

投資と貯金の違い

貯金で貯まったまとまったお件を増やすことが出来るものが投資です。

投資の場合、ある事業を支援するためにお金を出します。

その事業が成功した時に利息の付いたお金が返ってきます。

投資するためには、ある程度の額が必要なので少しの貯金では投資にはなりません。

しかし、ある程度お金がまとまってきたのであれば、どこかの段階で考えてみると、将来的に自分が使える金額を飛躍的に増やすことが出来ます。

貯金から投資

お金を増やす方法として投資は必要です。

単に貯金だけではお金を増やす限界があります。

投資すればよいというものでもありません

貯金の全額を投資に回せばいいのでしょうか?

もちろんそんなことはありません。

貯金と投資の関係はそんなに単純ではありません。

両者のメリットとデメリットをしっかりと理解する必要があります。

貯金のメリット・デメリット

貯金の最大のメリットは、お金がなくならないということです。

口座に預けているお金は自分のお金なので、絶対になくなりません。

もう一つのメリットはお金の出し入れが簡単といういこと。必要なときに必要な金額を簡単に引き出すことが出来ます。

デメリットは、お金がなかなか増えないということ。

コツコツと定期的に貯めるだけなので、お金が増えることはありません。

投資のメリット・デメリット

投資のメリットは、お金が増えることです。

ある事業にお金を出資し、その事業が成功すれば配当や利息という形でお金が増えて返ってきます。

どのくらい返ってくるかは、その事業のリスクによって変わります。

ハイリスクな事業はハイリターンで、ローリスクな事業はローリターンです。

一方でデメリットは、お金が減る可能性があるということです。

投資はリスクを取って、リターンを得るので場合によってはお金が減って返ってくることがあります。

投資はお金が増える可能性と減る可能性の両方を持っています。

投資をする時は、リスクとリターンを天秤にかけながら投資をする金額を決める必要があります。

まとめ。

投資と貯金の違いと、メリット・デメリットをご紹介しました。

どちらが自分にあっているか?どちらが貯まりやすいか?というものは難しいです。

貯金は爆発的にお金は増えないけど、確実にお金が増えていきます。

一方で、投資はお金は増えるけど、減る可能性もある。

大切なことは、リスク管理です。

今の家族構成や必要な金額と時期など、自分のライフステージに併せて考える必要があります。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です