畑岡奈紗というゴルフ選手はご存知だろうか?

きっとほとんどの人は、将来の有名になることが約束された無名の女子プロゴルファーの名前すら知らないと思います。

それもそのはず。

2018年7月のKPMG女子PGA選手権まで誰も知らない存在でした。本大会でプレーオフの末、惜しくも2位になり急激に知名度を高めています。

今回は将来有望な女子プロゴルファー畑岡奈紗選手についてご紹介します。

畑岡奈紗のプロフィール

  • 名前:畑岡奈紗(はたおか なさ)
  • 所属:森ビル
  • 生年月日:1999年1月13日
  • 出身:茨城県笠間市
  • 出身校:ルネサンス高等学校
  • 契約:
    • クラブ:ダンロップ
    • ボール:ダンロップ
    • ウェア:アンダーアーマー
  • 身長:158cm
  • 血液型:A型
  • 趣味:映画鑑賞
  • その他のスポーツ歴:陸上、野球
  • ゴルフ歴:11歳から
  • 獲得賞金:67,894,807円
  • 受賞歴:
    • 2017年LPGA新人賞
    • メディア賞ベストコメント部門
    • 2016年LPGA敢闘賞



畑岡奈紗の実力

畑岡奈紗選手がゴルフを始めたのは11歳と最近の選手にしては遅めです。

それまでは畑岡奈紗選手は野球に打ち込んでいたので、ゴルフに転校してからはその技術や筋力を活かしてメキメキと実力を付けてきました。
中学校3年生からは中嶋常幸が主催するヒルズゴルフ・トミーアカデミーでさらに実力をつけました。

2015年に「樋口久子 Pontaレディス」でアマチュアにもかかわらず首位発進。結果は7位となる大健闘をみせ世間の注目を集めました。

2016年の高校3年生のときには「日本女子オープンゴルフ」でアマチュアで初の優勝を飾りました。

その年の10月にプロ転向を果たします。
17歳271日でのプロ転向は、宮里藍の18歳110日を上回る日本女子ツアー史上最年少です。

関連記事:宮里藍は引退後は何をする?ゴルフ関連の実業家に転身の噂?

2017年には拠点を日本からアメリカに移し、世界のプロゴルファーと戦っています。



畑岡奈紗のゴルフ

畑岡奈紗は野球経験があるゴルフ選手です。
この2つの競技に共通することは、「棒を振ってボールに当てる」ということ。

野球を練習する中で、「ボールに最短距離でバットを振る」を体得し無駄のないゴルフスイングを身につけることができました。

ヘッドスピードは一般の女子プロ平均値よりも早い46m/s。

身長が158センチと小柄にもかかわらず、平均飛距離250ヤードを超える力強いスイングをすることができます。

畑岡奈紗の性格

奈紗ときいて珍しい名前と感じませんか?
奈紗の名前の由来は「NASA」から来ていて、「世界に羽ばたく子供になってほしい」という両親の願いが込められています。
アメリカでも名前を覚えやすいと世間を賑わせています。

2016年の日本女子オープンゴルフで優勝したときには、小林浩美LPGA会長から「30年に一度の逸材」と評価されました。

同じく中嶋常幸からも高い評価を獲得してる畑岡奈紗選手です。

両親の期待を背負った日本のNASAはこれからも世界に羽ばたき続けるのでしょう。



畑岡奈紗のプライベート

畑岡奈紗選手はツイッターをしています。@nasagolf7355

  • フォロワー数:4,982人(2018年7月3日時点)

つぶやいている内容から畑岡奈紗選手のプライベートをご紹介します。

つぶやき回数は少なめの月5回程度。

ツイッターのつぶやき回数は少なめです。月に5回位です。

つぶやきの内容はゴルフのトーナメントの告知が多いです。

トーナメントを明日に控えた畑岡奈紗選手の意気込みや、大会終了後の感想など生の声を知ることができます。

フォローをしている友達は海外のゴルファー選手が多い

畑岡奈紗選手のフォローをしている友達の多くは外国人です。

さすが世界で活躍するプロゴルファーといったところでしょうか。

ツアー中に「フォローしてね☆」なんて会話をしていることを考えると可愛いですね。

まとめ



いかがだったでしょうか?

間違いなく日本を代表する女子プロゴルファーになると期待できる畑岡奈紗選手についてご紹介しました。

畑岡奈紗選手は海外を拠点にツアーを回っているので、テレビでその活躍を見ることができます。

これからも活躍に注目です。