マイホーム選びでマンションか戸建てで迷ってマンションを選ばなかった理由

マイホーム選びでマンションと戸建てで迷ってマンションをやめた理由




こんにちは。

マイホームを購入することを決意すると、いろんなことに悩むようになりました。

今回は、マイホームをマンションにするのかそれとも戸建てにするのか?ということです。

 

そんなの戸建てに決まってるじゃん!

僕の周りのほぼ全ての人がそう言いました。

 

なぜなら、僕が北陸地方に住んでいるから。

北陸地方は持ち家率が極めて高いです。その率なんと80%以上。

 

しかも、土地もたくさんあるのでマンションを購入する人は転勤族くらい。

 

転勤族ではない僕がなぜマンション購入を考えているのか?

なにがマンションの魅力なのか?

 

 

最終的には、マンション購入を辞めるのですが、その理由はとは?

マンションを購入を考えた理由

僕が住んでいる北陸地方はほとんどの人が戸建てに住んでいます。そんな中、僕がなぜマンションの購入を考えたのかご説明します。

マンションの資産価値が高い

マンションか戸建てか迷う人の大半が【資産価値】を考えているのではないでしょうか?

マンションは鉄筋コンクリート構造なので耐用年数が47年です。
木造の戸建ては22年と比較すると、その差が25年と2倍以上の耐用年数があります。

そのため、マンションは中古でも値下がりが少なく、10年住んでも売却することができます。

 

僕の性格上、消耗品にお金を掛けることはしたくない

少しでも資産価値を保つことが出来るマンションはとっても魅力的です。

人気のエリアで値下がりが少ない

購入を考えているマンションの立地は駅前なので、地価の下落の心配もありません。

更に嬉しいことに、北陸地方は北陸新幹線の開業で街全体が積極的に開発が進んでいます。

周りを見渡しても、建築中の建物がたくさんあります。

これだけ街の開発を進めていると、まだまだ人気を保てそうです。

人気エリアの物件は値下がりがしにくというのがセオリーです。

近隣施設にはスーパーもあるし、買い物に困りません。
もちろん小学校もあるので、子どもがいる過程でも住むことができます。

人気エリアでマンションを持つことは十分資産として考えることができます。

新築物件!立地最高!高層階!

実は、僕が購入を考えてマンションの完成は1年以上先の新築マンションです。

営業マンによると、1回目の販売では全室完売。ということ。

新築物件はやはり魅力なようです。

先程にも書きましたが、僕が購入を考えたマンションはJRの駅前です。
徒歩10分以内。

北陸地方では日常的に駅を使うことは殆どありません。
しかし、駅前は買い物や遊びに便利です。

立地としては申し分ありません。

また、高層階というのも魅力です。
東京の六本木ヒルズには遠く及びませんが、20階建てでも北陸地方では超高層マンションです。

高い建物も無いので、高層階に住めば山と日本海を一望することができます。

夏には花火大会も自宅から見ることが出来るので、景色というオプションも手に入れることができます。

マンション購入を辞めた理由

駅前の魅力的な高層マンションにかなり惹かれてました。

営業マンと話をしているときは、その場で「買います!」といってしまいそうになりました。

それほど、魅せられたマンションですが、購入することを辞めたので、その経緯をご紹介します。

管理費が高い

マンションには修繕積立費用や管理費用その他に駐車料金が毎月必要です。

その存在は知っていましたが、金額については知りませんでした。

 

管理費用12,000円!

 

修繕積立費8,000円!!

 

 

駐車場代6,000円!!!

 

自治会費3,000円!!!!

 

合計29,000円!!!!!

 

正直、無理です。

 

僕の今の家の家賃を共益費や駐車場代を含めて6万円前半なので、マンションの管理費などで約半分近くになります。

こんなにマンションの維持費が高いなんて知りませんでした。

このマンションを購入すると毎年35万円近く支払うことになります。10年では350万円です。

マンションが資産価値を維持しやすいからと言って、これだけ経費がかかるのであれば意味がなさそうです。

予算オーバー

もともと持ち家の購入を考えたキッカケは、家賃の支払がもったいないから。

大家さんのためにせっせと家賃を支払うくらいなら、少しでも自分のものになる物件にお金を支払いたいと思ってからです。

つまり、家というものに興味があるわけではなく、消えてなくなる家賃がもったいないからです。

理想は家賃と同じような金額で住宅ローンを支払うことです。

僕の今の家賃は共益費を含めると6万円前半です。
住宅ローンの支払は、同じくらいか7万円台に抑えたいと考えていました。

そんな中、マンション購入をシミュレーションしてみると驚愕の数字が出てきました。

 

 

毎月12万円・・・。

 

は?

 

これには僕も妻も絶句。

いやいや、支払金額が今より2倍になっているじゃないですか。

ムリムリムリ

 

営業マンが衝撃の一言。

「奥様もいずれお仕事に行きますよね?そうすれば、支払えない金額ではないと思いますよ?」

 

一理あ・・・・ねぇよ!

 

妻は今は育児中なので、仕事をしていません。

育児が落ち着くと仕事へ出る気はあります。

 

が!

 

住宅ローンの支払をするために働きに出ると言うのは、おかしいです。

それは、お金に支配されている状態です。そんな生活をするつもりは毛頭ありません。

マンション購入は完全なる予算オーバーだということがわかりました。

まとめ

持ち家を持つことを考えて、戸建てかマンションの購入を迷っていました僕が、結果としてマンションの購入を辞めた理由についてお話してきました。

購入を考えていたマンションは駅から近くて人気エリアなので売却を十分見込める物件でした

しかし、管理修繕費などの負担が大きすぎることと、住宅ローンが高すぎるという理由で購入を見送りました。

これからは戸建てに住むということを真剣に考えることにしました。

戸建てにも注文住宅と新築戸建ての購入と中古物件の購入などがあります。

この中で僕は、中古物件を購入することにしました。

詳しくはコチラの記事でまとめているので、ぜひ読んで下さいね

マイホームを注文住宅と新築と中古で悩み、中古物件に決めた理由







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください