収納グッズを買うと貧乏に。収納を増やすと貧乏になる理由とは

収納グッズを買うと貧乏に。収納を増やすと貧乏になる理由とは




年末の大掃除が近づいてきました。

日頃しない細かなところまで掃除をしますよね。

 

せっかくだから雰囲気を変えるために模様替えでもしようかな。

そうだこの場所に収納棚があると便利だわ。

早速買いに行こう!

 

ちょっと待ってください!

そうやってなんとなく収納グッズを買うと実は・・・

 

貧乏になります。

 

え?なるわけないじゃん!

と思うかもしれませんが、なっちゃいます。

 

まずは結論!

収納グッズを買うと貧乏になる理由
  1. 収納グッズを買う
  2. 物を収納できる
  3. まだまだ収納できる
  4. そんなに必要のないものまで買う
  5. 部屋がモノであふれる
  6. 貧乏になる

詳しく解説していきます。

収納グッズを買うことはベルトを緩めることと同じ意味

最近ベルトがキツイな・・・

 

こんな時はどうするか?

ベルト緩めませんか?

一度緩めたベルトは二度と閉まることはありません。

あなたのベルトを見てください。

きっと昔のスリムだった頃の締め後がベルトにクッキリと残っているはずだと思います。

 

収納も同じで、収納グッズを購入するとモノがドンドン増えてきます。

そして二度とモノが減ることはありません。

 

ベルトがキツくなってきたらダイエットや運動をするサイン

収納グッズも足りなくなってきたら、片付けのサイン

 

収納グッズが増えれば増えるだけ物も増えます。

収納が増えると余計なものまで買ってしまう

収納スペースが増えると、使わないものまで買ったり捨てるはずのものを取っていたりしてしまいます。

そうやって物を捨てる行為をしなくなっていると、気がつくと部屋がモノでいっぱいに。

 

収納の目的は物を収納するだけでなく、

物を残しておく効果もあることを覚えておいてください。

収納を買うと貧乏になる理由

収納を買うと物が増えることが理解できたと思います。

モノが多いとデメリットしかありません。

モノが多いと物を探す時間や掃除のために時間が掛かります。

つまりモノを減らすと探す時間とお金の無駄遣いが激減します。

 

その他にも「お金持ちは持ち物が少ないし、貧乏人は持ち物が多い。」とも言われます。

実際に貧乏な家ほどいらない物を溜めていくようです。

 

そしてモノを捨てるとお金が溜まっていくこともわかっています。

 

ものを持たないだけで生活がかなり変わるので収納が増えそうになったら振り返ってください。

まとめ

いかがだったでしょうか。

収納グッズを買うと貧乏になる理由がわかったと思います。

収納グッズを買うと貧乏になる理由
  1. 収納グッズを買う
  2. 物を収納できる
  3. まだまだ収納できる
  4. そんなに必要のないものまで買う
  5. 部屋がモノであふれる
  6. 貧乏になる

年末の大掃除などで必要になってくる収納グッズ。

気軽な気持ちで購入せずに、収納グッズが必要だと思ったら片付けのサインだと思うこと。

そしてモノを捨てること。

たったそれだけの行動であなたはお金持ちに近づくことができます。

 

収納グッズを買う前には思い出してくださいね。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です