リライトで過去記事復活!アクセスが増えるリライトの5つのコツ

リライトで過去記事復活!アクセスが増えるリライトの5つのコツ




ブログ業界・アフィリエイト業界の手法で「リライト」というものがあります。

リライトとは、過去に書いた記事を書き換えたり、新しい要素を書き加えることです。

  • ブログのアクセス数をアップしたい
  • アドセンスなどブログ上の売上を改善したい

こんなお悩みをお持ちでしたら、新しい記事を書くよりも過去の記事を「リライト」したほうが手間もかからず効果が大きいです。

 

一体なぜリライトしたほうが効果が高いのでしょうか?

理由はSEO効果です。

SEOとは検索エンジンが読み取りやすくして上位に表示させることです。

リライトすることでSEO効果が高まり、GoogleやYahooの検索結果で上位に表示されやすくなるからです。

検索結果で上位に表示されれば、たくさんの人があなたの記事をクリックしてくれるようになります。

そうすると自然とその記事の広告収入もアップするのです。

 

新しく記事を書く場合は、あたりまえですがゼロから記事を作ります。

参考サイトを読んだり、キーボードをカタカタしたりするために時間が必要。

リライトであれば、過去に書いた記事に情報を付け加える作業なので、記事をゼロから作るよりも時間も手間も掛かりません。

 

さらに検索結果で上位に上がりそうな記事だけを厳選してリライトすれば、アクセスアップの成功確率がかなり高まります。

記事を量産しても、どの記事がたくさん検索されるか分かりませんよね。

「あれ?この記事がこんなにアクセス数を稼いでる」

そんな経験ありますよね。

つまり、リライトは手間を掛けずに、高確率でアクセスを稼ぐ記事を作ることが出来る素晴らしい手法なのです。

 

今回は過去に書いた記事を生まれ変わらせるリライトの5つの方法をご紹介します。


リライト効果が見込める過去記事の条件は?

「リライトすれば検索順位が上がる!」

と、書きましたがリライトはどんな記事にも効果が発揮できるとは限りません。

リライト効果を見込める記事の条件
  • 既にある程度の記事数があるサイト
  • リライト対象は検索順位が11位から30位にある記事

記事数が少ないサイトはサイト全体の集客力が弱いので、そもそも集客力がありません。

過去の記事をリライトするよりも新しく記事を増やすことに注力すべきです。

 

リライトによる記事の改善効果が見込めるのは、そのサイトがある程度の記事数があってアクセス数を見込むことが出来る場合です。

そんなサイトの中でも検索結果が2〜3ページ目でくすぶってホコリをカブっている記事が最も効果が出てきます。

 

検索結果が2〜3ページにあるということは、Googleからある程度の評価を受けているものの、1ページ目にあげるほどでもないな。と評価されているページです。

 

「あとちょっと。」

「もう少し!」

Google先生からそんな評価を受けているのです。

 

それ以下のページランクであれば、そもそもGoogle先生からの評価は低いです。改善を行っても高い効果は得られる可能性は低いです。

1ページ目に表示されるような高評価のページは、今のままでも高い評価を受けているので、下手に触らないようがいいでしょう。

リライトの具体的な方法とは?

リライトは具体的にどんな方法で行えばいいのでしょうか?

その前にはなぜ検索結果が1ページ目に無いのかを理解することです。

検索結果が上位表示されない理由
  • 読者が知りたいことが書いていない
  • 読者が知りたい情報が見つけにくい
  • 読者が知りたい情報が記事の下の方にある
  • 読者が知りたい情報が少ししか書いていない
  • 情報の信頼性が低い
  • 記事のオリジナリティがない
  • 訪問者がすぐに離脱する
  • リンク切れがある
  • 情報が古い

などなど、検索結果が上位表示されない理由はたくさん考えられます。

要はサイトに訪れてくれた読者の悩みを解決していない、知りたい情報が無いということ。

上位に表示されているライバル記事よりも読者に満足を与えられていないから検索順位が下ということです。

 

つまり、ライバル記事を研究して読者に役立つ情報を提供できれば、

検索結果1位!ということも可能なのです。

 

さっそく、過去の記事をリライトする方法をご紹介。

過去記事をリライトする5つのコツ
  1. 検索順位が11位から30位までにある記事を見つける
  2. 1位から10位のライバル記事と自分の記事を比較して不足情報を見つける
  3. 不足情報から読者の悩みと求めている情報を予想する
  4. 読者が求める情報を加えてリライトする
  5. 記事タイトル、見出し、話題の順番を見直す

もう少し!の記事の見つけ方

もう少し!の記事の見つけ方

検索結果が11位から30位は2ページ目と3ページ目に表示される記事を選びます。

Googleの検索結果は1ページあたり10位まで表示されます。

検索順位が11位から30位までにある記事を見つけるためにはどうすればいいのか?



調べるためにはGoogleの公式ツールであるGoogle Search Console(通称:サチコ)を使います。

このGoogle Search Console内にある「検索アナリティクス」というレポートを見ると次のことがわかります。

  • どんなキーワードから検索しているのか?
  • 検索されて表示された回数とクリックされる確率
  • 掲載される順番

などなど。

このなかで、「掲載順位」が11位から30位のものでかつ表示回数が大きい記事をいくつかピックアップしてください。

 

検索結果が11位から30位の記事でも表示回数がすくないとリライトの効果は薄いです。

ここで選んだ記事がリライトすると生まれ変わる可能性の高い記事です。

ライバル記事と自分の記事を比較する

リライト対象の記事をピックアップしたら、次はライバル記事を研究します。

 

上位表示されているライバル記事は、自分の記事とは何が違うのでしょうか?

上位記事は読者の悩みを解決し、求めている情報を確実に提供しています。

つまり、あなたの記事には足りないものがあるっていうこと。

 

ブログ記事を書いていると、書いて満足で人の記事と見比べることはありません。

しかし、このリライト術ではライバル記事を分析し研究することが大切。

自分の記事に不足している情報を見つけます。

  • ライバルはどんな話の進め方なのか?
  • ライバルはどんな話題なのか?
  • ライバルにあって自分にないキーワードや要素は?

この作業を、1位から10位までのライバル記事で繰り返します。

 

10記事くらいザザザっと読むとなんとなく共通項が見えてきます。

それが読者が必要としている情報です。

読者の求めている情報を理解する

読者の求めている情報を理解する

ライバル記事を分析して、「不足情報から読者の悩みと求めている情報を予想する」ことを行います。

 

ライバル記事の方をGoogle先生が評価しているということは、ライバル記事のほうが読者の要望を満たしています。

検索結果上位のライバル記事を研究することで、読者が解決したい悩みと求めている情報が分かります。

 

具体的な方法はライバル記事よく出てくるキーワードを調べます。

よく出てくるキーワードは、読者の悩みや知りたい情報にアプローチしている大きなヒントです。

ライバルに勝つために必要な情報を考えて書く 

次に「読者が求める情報を加えてリライトする」の作業を行います。

ライバル記事の分析で読者が求めている情報が何か大体つかめてきたと思います。

自分の記事を見比べて不足している情報を書き加えます。

ライバル記事と同じことを書いていてはライバルを超えることはできません。

足りない情報を補いながら、プラスアルファでオリジナルの情報を付け加える必要があります

ライバルに勝つために付け加える要素
  • ライバルが説明しきれていないもの
  • ライバルより丁寧に詳しく書く
  • 図や表やグラフを使って図解する
  • 最新情報や新事実
  • 自分自身の感想や体験談、口コミ

こういったものがあればドンドン加えていきましょう。

タイトル、見出し、順序を見直す

リライトした場合、内容が少し変わることもあります。

その場合は、タイトル、各見出し、話の順序も見直すようにしましょう。

タイトルの見直し

記事のタイトルは検索結果にも表示される最も注力すべき内容です。

読者の興味を惹くようなタイトルを付けることができれば、クリック率が大きく上昇します。

他のライバルと比較して魅力的か?クリックして続きを知りたくなるか?ということを意識してください。



検索キーワードをタイトルの先頭に置くだけでもSEO効果があります。

キャッチーで魅力的なタイトルをつけましょう。

見出しの見直し

記事タイトルの次に大切なのは見出しです。

見出しとはh1〜h4のタグで囲まれた要素のこと。

hタグもSEOに影響を与えるので、狙っているキーワードを見出しに含めるようにしましょう。

また、読者は本文を細かく読まず見出しだけに目を通して気になった見出しの本文だけを見る場合もあります。

おすすめの方法は上位の見出しで疑問を投げかけて、下位の見出しで回答するよう書き方。
読者にとって見出しを見るだけで本文の内容を想像できるのでは読みやすいです。

おすすめの見出し例
<h2>食べたものは臭くないのにどうしてウンチは臭いんだ?</h2>
<h3>タンパク質を分解する時の酵素の臭いが出るから</h3>
<h3>インドール、スカトールが大腸内で発生するから</h3>
<h3>妖怪のせいなのかもしれない</h3>

このように書くと読者も気になる本文だけを読むことができます。

記事の話の順序の見直し

読者にとって記事がかかれている順番も重要です。

 

読者はあなたが書いた記事を全て読んでくれません。

拾い読みをするだけなので、求める情報が最初の方に書いてなければページから離脱します。

Googleのクローラーもそのあたりを理解しているので、記事を書く時は読者が求める情報を最初の方に書いてください。

 

つまり、結論を先に書いて、細かい説明は後ほど。

関係のない導入部分はいっそのことバッサリと切ってしまうのもありです。

過去の記事のリライト方法のまとめ

最後に改めて要点をまとめます。

ライバル記事と比較することで、自分で書いた記事に不足している要素やキーワードが見つかります。

この不足した要素とキーワードを元に、読者が求めている情報は想像します。

読者が求めている情報を考えた後に、ライバルサイトよりも詳しく分かりやすく情報を追加します。

 

 

このようなステップでリライトを続けていれば、いままで

「もう少しがんばりましょう」

というGoogle先生の評価が変わり、検索上位に表示されます。

検索上位に表示されるようになれば、アクセス数が大幅に上昇し、売上アップにつながります。

リライトスキルはすぐに身につくものではないので、このことを意識しながら続けてください。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です