ブログでアクセス数を稼ぎたかったらまずは100記事を書け!

なんて言われます。

半年を過ぎると投稿記事数も100を超えてきます。

僕は5ヶ月で達成できました。

 

100記事を超えてくると次に行うのが「リライト」です。

リライトとをすれば、新規に記事を作るよりも簡単にアクセス数をアップすることが出来るのです!

 

「え!簡単ならぜひリライトしよう!」

 

あせらないでほしい。

リライトにも正しいやり方があります。

まずは正しいリライトの方法をご紹介します。

まずは結論!

[box class=”green_box” title=”100記事超えたらやる初めてのリライト方法”]

  • 内部リンクの見直し
  • キーワード選定の確認と修正
  • 文章構成の見直し
  • 更新したことをアピール
  • 最新情報を付け加える

[/box]

過去の記事を生まれ変わらせる具体的なリライト方法とは

ブログの過去記事を修正することをリライトと言います。

リライトには新規で記事を書くよりも大きなメリットがあります。

実際にどんな方法をすればいいのかご紹介します。

過去の記事の内部リンクの見直す

投稿数が100記事より少ない時は、とりあえず記事を量産しますよね。

記事を量産していると、同じカテゴリーに記事がいくつもある状態が発生します。

昔に書いた記事は飛ばす先の記事がないので、内部リンクが全くないってこともあります。

[kanren2 postid=”717″]


そこで、同じカテゴリーの記事同士を内部リンクで繋げます。

内部リンクでつなげることで、読者のサイト内の回遊率が高まります。

過去記事のキーワード選定の確認と修正

古い記事のほうが解析データが揃っています。

サーチコンソールとアナリティクスを使いながら、選んだキーワードが正しいか確認しましょう。

 

場合によっては、メインキーワードを変えてもらっても構いません。

特に検索順位が低く、あまりアクセス数を稼げていない記事であればガラッとキーワードを変えてもいいです。

タイトルは記事を作る上で大切な要素です。

文章構成を見直す

100記事を達成した頃にはブログのライティングスキルはかなり上達しているはず。

知らず知らずのうちに、レベルアップしています。

そんな状態のあなたがピヨピヨの初心者だった頃に書いた記事を読むとどう感じるでしょうか?

  • なんだこの改行は?
  • 1つの文章に文字詰め込みすぎ
  • この言い回しはわかりにくい。
  • 文章のテンポが悪い

こんなことをきっと感じるはず。

 

昔の自分よ。まだまだ青かったな・・・。

 

古い記事はライティングスキルが上達今のあなたにとって簡単に治すことが出来るはず。

昔の頑張っていた自分を思い出しながら記事を直していきましょう。

[kanren2 postid=”734″]

更新したことをアピール

ブログって毎日投稿したほうがいいの?

 

という質問を受けることがあります。

 

その答えは、100記事を超えるとどあんまり関係ない。

 

毎日記事を投稿すると新規の読者が見てくれますが、100記事を超えてくるとリライトのほうが効果はあるかもしれません。

そりゃ、あなたが超有名人で熱狂的なファンがたくさんいるならあなたのサイトを毎日チェックしてくれます。

でもそれ以外の場合は検索して偶然引っかかったからサイトを見てくれたということでしょう。

 

リライトして検索に引っかかる確率を上げましょう。

 

10記事を11記事にすると10%アップ

100記事を101記事にすると1%アップ

 

記事が少ないときと100記事を超えたサイトだと1記事の重みが違ってきます。

過去記事に最新情報を付け加える

記事には最新の情報があることが大切。

ちゃんと読んだ記事が2010年に最終更新された記事だった場合、読者はどう感じるでしょう。

 

読まなきゃよかった

 

と思うはず。

 

昔書いた記事は情報が古くなっていて、時代遅れになっているかもしれません。

そんな記事に最新情報を付け加えましょう。

 

僕の場合は、商品レビューが多いので使ってみた6ヶ月後の使用レポートなどを書くようにしています。

[kanren2 postid=”191,231,41″]


リライトの効果は?

リライトしてもその効果が出るのはずっと先。

多分1ヶ月以上はかかります。

 

100記事以下の時は、記事を書けば書くほどアクセス数もアップしていたと思います。

でもリライト作業をしてもそんなに劇的には増えません。

 

植物がゆっくりゆっくり育つように徐々にアクセス数がアップします。

焦らずじっくりとその結果を待ちましょう。

 

もちろんリライトしたからといって、全てがアクセスアップするとは限りません。

改悪ももちろんあるので十分気をつけてください。

 

既にアクセスを稼いでいる記事は触らないほうがいいです。

まとめ

ブログのリライトの重要性とその具体的な方法が理解できたと思います。

 

リライトはサーチコンソールとアナリティクスの画面を睨みながら戦略的に行うことが大切です。

どの記事をどうやってリライトしようかをよく考えることで、大幅なアクセスアップをすることができます。

 

みなさんもこの記事を参考にしてチャレンジしてくださいね。