【サイト分析方法】サーチコンソールの検索アナリティクスとは?

【サイト分析方法】サーチコンソールの検索アナリティクスとは?




アフィリエイトでネットビジネスをしているあなたは使っていますよね。

サーチコンソール(通称:サチコ)

このサーチコンソールを使えばサイト分析を簡単にすることができます。

その他にGoogleの検索エンジン登録を依頼したり、
自分のサイトがどんな検索ワードで検索されているか知ることができます。

 

リライトを正しい方法で行っても記事タイトルを正しい方法でつけても効果がない場合は、サーチコンソールを使ったサイト分析ができていない場合があります。

今回は、Google検索でのパフォーマンス分析をできる「検索アナリティクス」の基本的な分析方法について解説します。

検索アナリティクスとは?

検索アナリティクスとはGoogle検索されている状態を分析する機能です。

 

この「検索アナリティクス」の機能を使えば、

「どんなキーワードで検索されているのか?」
「どのページにアクセスが多いのか?」

ということがわかるので、サイト分析と改善に役立ちます。

 

特に検索キーワードを情報を活用することで、効果的にアクセス数を伸ばすことができます。

検索アナリティクスの使い方と見方

まずは、検索アナリティクスの使い方とページの見方について説明します。

サーチコンソールの画面の「検索トラフィック」から「検索アナリティクス」をクリックします。

アナリティクスの使い方

クリックするとこのように「検索アナリティクス」の画面が表示されます。

検索アナリティクスの使い方

クリック数、表示回数、CTR、掲載順位とは

検索アナリティクスで使われるクリック数、表示回数、CTR、掲載順位について説明します。

チェックボックスなので同時に表示することも可能です。

検索アナリティクスの基本用語
  • クリック数
    ユーザーがGoogle検索結果ページでサイトをクリックした回数
  • 表示回数
    Googleの検索結果ページに表示された回数
  • CTR
    表示回数に対してクリックされた割合
  • 掲載順位
    Googleの検索順位

クエリ、ページ、国、デバイス、検索タイプ、日付とは

検索アナリティクスの表示タイプであるクエリ、ページ、国、デバイス、検索タイプ、日付を説明します。

ラジオボタンなので一つだけ選択できます。

検索アナリティクスの基本用語
  • クエリ
    Google検索で検索されたキーワードに分けて表示
  • ページ
    各ページに分けて検索状態を表示

  • 検索された国で分けて表示
  • デバイス
    検索されてデバイスに分けて表示(パソコン、スマホ、タブレット)
  • 検索タイプ
    ウェブ検索、画像検索、動画検索のタイプに分けて表示
  • 日付
    検索されて日付に分けて表示

詳しくは検索アナリティクスレポートを参照してください。

検索アナリティクスの効果的な使い方

検索アナリティクスの基本的な使い方と見方がわかりましたよね。

次は検索アナリティクスを使った具体的なサイトの分析方法をご紹介。

この方法をマスターすればサイトを効果的にアクセスアップすることができます。

どんなキーワードで検索されているか調べる

検索アナリティクスの効果的な使い方

自分のサイトがどんなキーワードで検索されているかを知るためには、表示回数順で表示するとわかります。

検索された文字列ごとに、Google検索で何回表示されたかが分かります。

どのページがたくさん検索されているか知る

検索アナリティクスの効果的な使い方

どのページがたくさん検索されているか知るためには、

ページ毎に表示するとわかります。

検索順位とCTRの関係

Googleで検索した時に検索画面に表示される検索順位と

そのサイトがクリックされるCTRには密接な関係があります。

CTRとはClick Through Rate(クリックスルーレート)の略です。

検索した人は、上位から順番にクリックしています。

検索結果とCTR
検索結果とCTR
  • 1位:21.12%
  • 2位:10.65%
  • 3位:7.57%

参照サイト:Announcing: 2017 Google Search Click Through Rate Study

検索順位が1位だと5人に1人はクリックします。
(私の感覚では検索結果がもっと高いように感じますが・・・。)

自分のサイトのCTRが高いか低いかはこちらの数字をと比較することをオススメします。

 

例えば、検索順位が3位の自分の記事のCTRが5%だったとします。

上のグラフでは3位は7.57%なので、5%は平均よりも下回っている。

何かの原因でCTRが低いのでその原因を取り除く必要があります。

検索アナリティクスを使って読者の心理を読み解く方法

サイトを改善する方法としてリライトが効果的が有効です。

よくわからない場合は、「リライトで過去記事復活!アクセスが増えるリライトの5つのコツ」で確認しください。

サーチコンソールを使うことでさらに詳しくサイトを改善できます。

 

検索アナリティクスは読者の心理を表しています。

クエリを確認すると

「◯◯ 方法」
「◯◯ ランニング」
「◯◯ おすすめ」

などが表示されると思います。

つまりクエリには読者が知りたい情報の元が表示されています。

 

その質問に対して適切な回答を記事に盛り込めば、検索順位があがりサイト全体のアクセス数がアップします。

まとめ

いかがだったでしょうか。

サイト分析方法としてサーチコンソールの検索アナリティクスについてご説明しました。

検索アナリティクスとはGoogle検索されている状態を分析する機能です。

分析する方法として、

検索アナリティクスの基本用語
  • クリック数
    ユーザーがGoogle検索結果ページでサイトをクリックした回数
  • 表示回数
    Googleの検索結果ページに表示された回数
  • CTR
    表示回数に対してクリックされた割合
  • 掲載順位
    Googleの検索順位
検索アナリティクスの基本用語
  • クエリ
    Google検索で検索されたキーワードに分けて表示
  • ページ
    各ページに分けて検索状態を表示

  • 検索された国で分けて表示
  • デバイス
    検索されてデバイスに分けて表示(パソコン、スマホ、タブレット)
  • 検索タイプ
    ウェブ検索、画像検索、動画検索のタイプに分けて表示
  • 日付
    検索されて日付に分けて表示

これらを使って行うことができます。

サイトの分析を行う場合は使い方をマスターしてくださいね。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です